【WTF2019】「中国ペアに3度目の正直で優勝できるように頑張りたい(永原)」<準決勝:選手コメント-5>

12月14日にBWFワールドツアーファイナルズ2019(中国・広州)4日目が開催された。ここでは、決勝トーナメント・準決勝を終えた選手たちのコメントを紹介する。

記事・コメント一覧はこちら

【女子ダブルス】

松本麻佑/永原和可那(右)

決勝トーナメント・準決勝:松本/永原は13−21、21−17、21−9で福島/廣田に勝利!

松本「昨日、せっかく勝ったのに、1ゲーム目はあまりラリーもできず、準決勝の舞台としてよくなかったです。2ゲーム目以降は、悔いがないように力を出そうと話し、ファイナルゲームの入りがよかったので、やり方を変えずに力を出しきろうと思いました。(福島/廣田には連勝しているが?)自分たちの攻めの形が出せた時は通用しているので、そこまで我慢できるかどうかだと思います」

永原「1ゲーム目の入りは、相手に合わせ過ぎた部分もあり、ミスがとても多かったのですが、2ゲーム目は足が動くようになって、ミスを減らして攻撃できるようになりました。昨日は後がない状態の試合で(それに比べると)、今日は入りで余裕を持ち過ぎたところがありました。迫力を出していかないと相手が引いてくれないと思って、最後まで声を出しながらやっていました。日本勢対決に勝てたことはうれしいですが、久しぶりに準決勝の舞台を勝てたことがうれしいです。(決勝で対戦する)中国ペアには、今年、決勝で2度(全英OPとアジア選手権)敗れて優勝を逃しているので、3度目の正直で優勝できるように頑張りたいです」

福島由紀/廣田彩花(右)

福島「全日本総合の決勝戦と同じような展開で負けてしまったので、すごく悔しいです。1ゲーム目は相手も硬く、自分たちのやり方は間違っていなかったと思います。2ゲーム目もいけるチャンスはあったのですが、相手が前に詰めてくる速さも積極的で、自分たちも見習ってそういう形もつくっていければっよかったです。シーズンを通して、全体的には自分たちのプレーは悪くないと思うので、また一戦一戦頑張りたいです。

 

廣田「この1年は、いいときも悪いときもありました。悪いときは2人でもがいて苦しみながらやってきました。優勝も何回かできましたし、ツアーファイナルズも、昨年は出られなかったので経験を積むことができたことは大きいと思います。来年につなげたいです」

 


投稿日:2019/12/15

人気記事ランキング