【WTF2019】「攻撃の速さについていけず、最初から最後まで流れを止められなかった(永原)」<決勝戦:選手コメント-2>

12月15日にBWFワールドツアーファイナルズ2019(中国・広州)最終日が開催された。ここでは、決勝トーナメント・決勝戦を終えた選手たちのコメントを紹介する。

記事・コメント一覧はこちら

【女子ダブルス】

松本麻佑(左)/永原和可那(準優勝)

決勝トーナメント・決勝戦:松本/永原は14−21、10−21で陳清晨/賈一凡(中国)に敗戦。

松本「昨日の準決勝も出だしが悪く、今日も出だしがよくなかったです。決勝の舞台を戦えたことは、今後につながると思うので、プラスに考えます。来年に向けての課題が見えてきているので、修正しながらコンディションを整えて、また戦っていけたらと思います。

今年は、五輪レースが始まってから、なかなかいい結果が出ませんでした。世界選手権でやっと優勝できて、その後もコンスタントに成績を残せていますが、やっぱり負ける試合は、点数的にあっさり負けてしまうところがいまの課題だと思っています。試合中に作戦を変えるとか、自分たちの特長を生かす方法をもう少し見出したいです」

永原「初の決勝戦で自分たちのプレーを出したい気持ちはありましたが、相手の攻撃の速さについていけず、最初から最後まで流れを止められませんでした。この舞台で戦って、自分たちに足りないものもよくわかりましたし、相手から学ぶこともたくさんありました。1番になるまでに、まだ課題があると感じたので、もう一度向き合って頑張っていきたいです。

世界選手権の決勝戦は、2回とも日本人対決でしたが、今日は会場の雰囲気が完全にアウェーの中での試合。相手もどんどん乗ってきて、押されてしまいました。こういう雰囲気の中で試合をできたことも、すごく勉強になりました。こういうところでも力を発揮できれば。五輪レースは続きますが、五輪も見すえながら、韓国、中国を倒していかないと1番にはなれないので、そこも意識しながらやっていきたいです」

【スコアの流れ】

前半から飛び出したのは中国ペア。1−6とされた松本/永原は、その後も点差を詰めることができずに追う展開。10−17から3連続ポイントを奪ったが、中国ペアに追いつけずに14-21で第1ゲームを失った。

第2ゲームも3-7から7連続失点で引き離された松本/永原。好調の陳清晨/賈一凡を抑えることができず。10-21で敗戦。今季2敗を喫している相手を崩すことはできず、準優勝で大会を終えている。

取材・構成/平野貴也

スコアの流れ/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/12/15

人気記事ランキング