【WTF2019】「休む間がありませんが、集中力を高く保って五輪レースに臨みたい(渡辺)」<準決勝:選手コメント-1>

12月14日にBWFワールドツアーファイナルズ2019(中国・広州)4日目が開催された。ここでは、決勝トーナメント・準決勝を終えた選手たちのコメントを紹介する。

記事・コメント一覧はこちら

【混合ダブルス】

渡辺勇大/東野有紗(右)

決勝トーナメント準決勝:渡辺/東野は7−21、21−12、16−21で鄭思維/黄雅瓊(中国)に敗戦。

渡辺「互いに(予選リーグの戦いと)やりたいことは変わっていなかったけど、相手の方がいいクオリティでした。中国ペアと戦えて経験値は上がりましたし、1回勝てたことは大きいです。(今後は)多少、相手にプレッシャーもかかりますし、イージーな相手だと思われたくありませんから。作戦を立てて勝ちにいく挑戦を、これからも続けていくことが課題です。

(今回は)予選リーグを1位通過できましたし、全体を通して3勝1敗はまずまず。インドネシアペアも、相性はよくない中で勝てたので、力がついてくると結果にともなうことを実感できました。でも、この大会が一番キツイ大会。勝つにはまだレベルアップが必要です。あまり休む間がありませんが、集中力を高く保って(年明けに続く)五輪レースに臨みたいです」

東野「3ゲーム目で先にいかれてしまって、追い上げることができなかったことが敗因です。1ゲーム目の出だしからずっと相手のペースが続いていました。相手選手のドライブを自分が待っていたのですが、逆を突かれたところを勇大くんに任せてしまう展開が増えてしまいました。自分がもっと前にいかないと。2ゲーム目は互いに話し合って、こっちが上からいく作戦を立てられたので、リードできたのではないかと思います。今シーズンは、出だしから自分のケガが続きましたけど、最後に中国ペアに1回でも勝てたことで、よい形でシーズンを終わることができたと思います」

【女子シングルス】

奥原希望

決勝トーナメント準決勝:奥原は15−21、18−21で戴資穎(台湾)に敗戦。

奥原「昨日までとは風の感覚が違い、1ゲーム目の中盤にミスが出てしまい、それが大きく流れを変えてしまいました。風に対する対策なのか、私への対策なのかはわかりませんでしたが、相手があまり後ろに打ってきませんでした。相手がネット前に落としてくる球に、自分がプレッシャーをかけられなくて、逆にどこで仕掛ければいいか迷って、ミスにつながってしまいました。まだまだなところだと思います。

いまの結果が現状(の力)。3番手かなと思います。今年1年でタイトルがなかったのがいまの力ですし、2020年に入ってどうはい上がるか。シーズンを振り返れば、後半からパフォーマンスが上がっていることは、すごくプラス。とりあえず1回休んで、次の大きな大会は3月の全英OP。みんながタイトルを取りにくる大会なので、そこで勝負できるように、心身をリセットしていけたらいいと思います」

取材/平野貴也 構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/12/14

人気記事ランキング