【WTF2019】「レシーブは“本当に守れる”と思って取ることで、気持ちも少しずつポジティブになる(遠藤)」<2日目:選手コメント-5>

12月12日にBWFワールドツアーファイナルズ2019(中国・広州)2日目が開催された。ここでは、予選リーグ第2戦を終えた選手たちのコメントを紹介する。

記事・コメント一覧はこちら

グループリーグをテレ朝chで放送!
放送予定はこちら!

【男子ダブルス】

遠藤大由(右)/渡辺勇大(2勝0敗)

予選リーグ第2戦:遠藤/渡辺は21−11、14−21、21−11ギデオン/スカムルヨ(インドネシア)に勝利!

遠藤「今日も本当にすごい相手で、プレッシャーをかけられましたけど、楽しんで試合をできました。レシーブはメンタルが必要。“本当に守れる”と思って取ることで、気持ちも少しずつポジティブになります。あれができないと勝てない相手。これしか、勝ちようがないです。長いラリーになったところは諦めて、勇大にいっぱい打ってもらいました。明日もすごい相手なので、全力でぶつかりたいです」

渡辺「2ゲーム目は少し早い展開に付き合ってしまいましたが、ファイナルゲームは大きな展開を使ってラリーを続けたのがよかったと思います。まず、つなぐことを意識して、きつくなってきても、先にダウンしないでラリーをしようと思いました。明日もまずはラリーを展開することが大事だと思います」

【男子シングルス】

桃田賢斗(2勝0敗)

予選リーグ第2戦:桃田は19−21、21−15、21−15でアンダース・アントンセン(デンマーク)に勝利!

桃田「同じグループのインドネシアの選手(ジョナタン・クリスティ)が敗れる番狂わせがあり、この試合を落とすと苦しくなると思いました。それで勝ちたい気持ちが強くなり、焦ってしまいました。相手が(風上で)押してくるコートのときに、準備が遅くなってあおられる場面が多かったと思います。今日は20時にホテルを出て、イメージでは21時半とか22時から試合と思っていましたけど、23時になってしまって、いい準備をしないといけないと思ったところから焦っていたのかもしれません。もっとどっしりと構えていればよかったかなと思います」

取材/平野貴也 構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/12/13

人気記事ランキング