【WTF2019】渡辺&東野が中国の世界選手権優勝ペアを撃破!<初日:ダブルス>

12月11日にワールドツアー年間王者を決める、BWFワールドツアーファイナルズ2019(中国・広州)が開幕した。ワールドツアーランキングの上位8名/ペア(世界選手権優勝者は優先出場)が参戦するこの大会に、日本代表は5種目すべてでエントリー。昨年は女子ダブルスの髙橋礼華/松友美佐紀が優勝を飾っており、今年も多くの日本選手が年間王者のタイトルをねらいにいく。ここでは、ダブルス3種目のダイジェストをお伝えしよう。

【混合ダブルス】

混合ダブルスの渡辺勇大(上写真・左)/東野有紗が、世界ランク1位の最強ペア・鄭思維(中国/ツェン・シーウェイ)/黄雅瓊(ファン・ヤーチョン)と対戦。過去1勝7敗と大きく負け越している相手だったが、21-15、21-15のストレートで破った。

渡辺/東野は第1ゲームから主導権を握り、終始リードして試合を進めた。渡辺が得意のドロップなどで相手のリズムを崩し、東野が前衛からプレッシャーをかけてポイントを奪うと、両ゲームともリードして11点の折り返しを迎え、そのまま突き放して世界王者を下している。

「僕は2試合目(前半の男子ダブルスに出場)だったので、風はわかっていた。今日は、フィジカル勝負ではなく、風ありきの頭脳戦。先に沈めてコントロールできたのがよかった」と手応えつかんだ渡辺。今夏の世界選手権(スイス・バーゼル)で敗れた際には「どうしたら勝てると思いますか、(中国ペアは)強過ぎるでしょう」と話していたが、今回は緩急や風を計算した頭脳プレーが光った。なお、渡辺/東野が鄭思維/黄雅瓊に勝ったのは、優勝した昨年の全英OP以来。貴重な白星をつかんで、初優勝に向けて好スタートを切った。

【女子ダブルス】

2週間前の全日本総合で日本一をつかんだ松本麻佑/永原和可那は、グループB内では比較的戦いやすいタイペアに大苦戦。第1ゲームは追い上げ実らず19-21で落とし、第2ゲームを取り返した後のファイナルゲームでも、19-14から6連続失点でマッチポイントを握られた。松本は「相手はネット前に切ってくる球が多く、攻めるイメージを持っていた(自分の)体と球が一致しなかった」と、修正に苦しんだことを明かした。それでも、女王の底力を発揮し、最後は攻めに出た松本が前衛からプッシュを決めて22-20で勝ちきっている。

グループAの福島由紀(上写真・右)/廣田彩花は、1時間を超えるロングマッチを制した。ポリイ/ラハユ(インドネシア)との試合は、クリアー合戦の長いラリーが続き、第1ゲームだけで39分が経過する長期戦。しかし、第2ゲーム以降は、福島/廣田が圧倒。廣田は「長いラリーで後ろに下げられ、自分が我慢しきれなかったり、球を上げた後の準備が遅かったりしたのを修正した」と、ファイナルゲームで逆転勝利した試合を振り返っている。

なお、女子ダブルスの他の試合では、中国、韓国の2ペアが同じグループに入っており、それぞれが初戦で激突。グループAでは、陳清晨(中国/チェン・チンチェン)/賈一凡(ジャ・イーファン)が2−1で李茵暉(中国/リ・インフイ)/杜玥(ドゥ・ユエ)を撃破。グループBでは、李紹希(韓国/イ・ソヒ)/申昇瓚(シン・ソンチャン)が金昭英(韓国/キム・ソヨン)/孔熙容(コン・ヒヨン)を得意の連続攻撃から2−1で押しきり、韓国対決を制している。

【男子ダブルス】

男子ダブルスは、同じグループAとなった園田啓悟/嘉村健士と遠藤大由/渡辺勇大が初戦から対峙した。第1ゲームは、遠藤/渡辺が16-18から逆転。16点目を渡辺のカウンターレシーブで取ると、その後も連続攻撃で園田/嘉村を追い込んだ。

一方、園田/嘉村は、嘉村がネット前に短く切ろうしたが精度が上がらず、ミスからの失点が続く。すると、最後は遠藤がサービスレシーブから攻めて21点目をマークした。第2ゲームは、遠藤が大きな展開で園田/嘉村の得意な高速ラリーを避けつつ、渡辺が前衛でチャンスをねらう展開。遠藤は「勇大はいろいろな球を持っているので、思ったことをプレーしてもらえればいい」と話したとおり、攻守のバランスを巧みにコントロールしながら13本で制し、白星発進を決めた。

また、グループAのもう1試合は、世界ランク1位のギデオン/スカムルヨ(インドネシア)が、長身ペアの李俊慧(中国/リ・ジュンフイ)/劉雨辰(リュウ・ユチェン)を2−1で退けている。

日本選手の初日結果は以下の通り。

▼予選リーグ第1戦(12月11日)

【男子ダブルス】

◆グループA

遠藤大由/渡辺勇大②〔21−19、21−13〕0●園田啓悟/嘉村健士41分

【女子ダブルス】

◆グループA

福島由紀/廣田彩花②〔19−21、21−5、21−9〕1●ポリイ/ラハユ(インドネシア)88分

◆グループB

松本麻佑/永原和可那②〔19−21、21−14、22−20〕1●ジョンコパン/ラウィンダ(タイ)77分

【混合ダブルス】

◆グループB

渡辺勇大/東野有紗②〔21−15、21−15〕0●鄭思維/黄雅瓊(中国)33分

▼予選リーグ第2戦(12月12日)

【男子ダブルス】

◆グループA

園田啓悟/嘉村健士 ― 李俊慧/劉雨辰(中国)

遠藤大由/渡辺勇大 ― ギデオン/スカムルヨ(インドネシア)

【女子ダブルス】

◆グループA

福島由紀/廣田彩花 ― 李茵暉/杜玥(中国)

◆グループB

松本麻佑/永原和可那 ― 李紹希/申昇瓚(韓国)

【混合ダブルス】

◆グループB

渡辺勇大/東野有紗 ― ジョルダン/オクタビアンティ(インドネシア)

▼予選リーグ第3戦(12月13日)

【男子ダブルス】

◆グループA

園田啓悟/嘉村健士 ― ギデオン/スカムルヨ(インドネシア)

遠藤大由/渡辺勇大 ― 李俊慧/劉雨辰(中国)

【女子ダブルス】

◆グループA

福島由紀/廣田彩花 ― 陳清晨/賈一凡(中国)

◆グループB

松本麻佑/永原和可那 ― 金昭英/孔熙容(韓国)

【混合ダブルス】

◆グループB

渡辺勇大/東野有紗 ― ファイザル/ウィジャジャ(インドネシア)

取材・文/平野貴也

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/12/12

人気記事ランキング