【全日本総合2019】「自分の力を出しきることに集中し、開き直れたことが勝ちにつながった(永原)」<女子ダブルス・決勝コメント>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」の決勝戦が、12月1日に東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に開催された。ここでは、女子ダブルス決勝を戦った2ペアのコメントを紹介する。

【女子ダブルス】

優勝:松本麻佑/永原和可那(北都銀行)

決勝結果:10−21、21−15、21−8で勝利

永原「初めての総合決勝ということで、思いきってやろうと入りました。でも初めての舞台で浮足立っていた部分があったと思います。相手は3度目の決勝なのでで、(第1ゲームは)そこの差が出てしまい押されてしまったけど、やっぱり多くの方が会場に足を運んでくださったので、このまま自分たちの力を出せずに終わるのはすごく悔しいと。2ゲーム目からは、自分たちの力を出しきることに集中して、開き直ってプレーしました。それが最後の勝ちにつながったと思います」

松本「試合に入ったときは緊張というイメージはありませんでしたが、決勝の舞台なので、のびのび試合はできていなかったかなと。第2ゲームは、1ゲーム目で相手がよかったぶん、自分たちのやることがはっきりしたので、そこは切りかえられたと思います。(世界一のときは涙を流さなかったが、総合の優勝インタビューで涙を流していた)世界選手権ではベンチにコーチがいない状況(日本選手対決のため)で2人で戦いましたが、今回は佐々木(翔)監督がずっと一緒に戦ってきて、コーチ席にいたときに、佐々木監督の思いというのは自分たちに伝わっていたので、そこで思いがこみ上げたんだと思います」

準優勝:福島由紀/廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)

福島「1ゲーム目は向こうが緊張していたし、ミスもすごく多いなかで、1ゲーム目をしっかり取れたのはすごくよかったかなと思います。2ゲーム目も途中までもやりたいことはやれていたので、そこはプラスにやっていければいいかなと思います。2ゲーム目はチャンスあるなかでのミスが多かったので、そこを課題にして次につなげていきたいです。総合を全体的にみればいいプレーができたし、課題にしていたことを出せた部分もあったので、プラスに変えられる試合になってよかったのかなと思います」

廣田「負けはしたけど、全日本総合の中で自分たちのいいプレーが出せたと思うし今日の試合に関しては2ゲーム目でチャンスがあったなかで、迷いが出て、ミスが多くなってしまったのが敗因だったと思うので、そこを次につなげていければと思います。(迷いというのは?)自分たちがミスして追いつかれた場面で、相手がどうしてくるんだろう、どうしようか、というのに答えがでなくて、迷いにつながりました」

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2019/12/01
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング