【全日本総合2019】「楽しんでやろうという気持ちが大きかった」(大竹)<コメント-3>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」が、11月26日に開幕した。今年も東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に、12月1日の決勝戦まで熱戦が展開される。大会3日目の28日は、各種目2回戦を実施。ここでは、女子ダブルスの注目選手のコメントを紹介する。

大竹望月(左)&髙橋美優(青森山田高)

結果:2回戦、重田美空/中村麻裕(ACT SAIKYO)に2-0で勝利

大竹「今日の朝から、いままでにないくらい緊張していて、2人で何度もアップをしました。でも、コートに立ったとき、2人の息が合っているなと感じて。自分は3年生で、これが髙橋と組む最後の大会。勝ちたい気持ちより、楽しんでやろうという気持ちが大きくて、そう思ったら、どんどんプレーが上がって、2人のいい形で勝てたかなと思います。

(目標だったベスト8入りについては)実感がないんですけど、また明日戦えるのがすごくうれしい。1日でも長く髙橋とダブルスが組めればいいなと思います。

(次の相手は青森山田高の先輩、福島由紀選手〈アメリカンベイプ岐阜〉だが)あこがれの選手であり、めざしている選手。公式試合ができるとは思ってもいなかったので、自分たちの形をぶつけて行って、勝ちよりも、何点取れるか、どこまで相手を苦しめられるかというのを意識してやっていきたいです」

髙橋「自分が本当に緊張していて、社会人の強い球を受けて結構きついなと思ったんですけど、先輩が出だしとかで我慢してくれて、流れを作ってくれて、自分もついていかないとって思いました。それで1ゲーム目を逆転できたので、そこから自分たちの持ち味をどんどん出して行けたかなと思います。

(準々決勝で福島/廣田と対戦することについて)こんな大きな大会で対戦できるチャンスはなかなかないですし、オリンピックも近いなかで、そういう選手の雰囲気を感じられるのはプラスになる。オリンピックは、自分たちもいつかは立ちたいと思っている舞台なので、挑戦者の気持ちを忘れずにやっていきたい。いつかは勝ちたいと思っている先輩でもあるので、自分たちの一番いい試合ができればいいなと思います」

櫻本絢子&髙畑祐紀子(ヨネックス)

結果:2回戦、荒木茜羽/今井莉子(アメリカンベイプ岐阜)に20で勝利

櫻本「ふだんあまり緊張しないほうで、昨日もそうだったんですが、今日は少し緊張してしまい…。でも、髙畑が伸び伸びと引っ張ってくれて助かりました。今シーズンは結果こそ出ていませんが、去年より大会のグレードも上がっているので、ネガティブにはとらえていません」

髙畑「第1ゲームは緊張しました。来年はしっかり代表で回りたいと、この総合にかける思いが強すぎて。それでも悪い緊張じゃなく、いい緊張感でプレーできました。今シーズン、海外では高いレベルと試合ができるのが楽しいです。確かに12回戦で負けると、あとは週末まで練習だけ(笑)というのは寂しいですが、最近は(9月に)韓国OPでベスト4など、ようやく結果も出てきました」

 

取材・構成/楊順行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2019/11/28

人気記事ランキング