【全日本総合2019】「今日は2人で集中していいゲームができた」(永原)<コメント-2>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」が、11月26日に開幕した。今年も東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に、12月1日の決勝戦まで熱戦が展開される。大会3日目の28日は、各種目2回戦を実施。ここでは、女子ダブルスの注目選手のコメントを紹介する。

松本麻佑(右)&永原和可那(北都銀行)
結果:2回戦、新玉美郷/川島里羅(NTT東日本)に2-0で勝利

松本「まだ感覚が若干合わない、しっかり芯に当たっていないところがありますが、昨日よりはラリーできたと思います。香港OPの後は、自分たちの課題であるレシーブを中心に練習して、レシーブから攻めの形を意識してきました。明日からは相手のレベルも上がりますので、気持ちと体を合わせていくようにします」

永原「昨日の試合内容があまりよくなく、今日は2人で集中していいゲームができました。コンビネーションがあまり合ってないところがあるので、高さを生かすようなプレーをしていきたいです。私たちは体格が大きいので、どうしても小さいペアよりスピードが遅くなりますが、そのぶん体格を生かしたプレーが武器。攻めのバリエーションを増やしていきたい」

福島由紀&廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜
結果:2回戦、朝倉みなみ/斉藤ひかり(龍谷大)に2-0で勝利

福島「出だしから緊張もせず、いいプレーができました。単発のラリーもありましたが、ここからは長いラリーもガマン勝負になったりするので、1ラリーをしっかりやっていきたいと思います。コートのレイアウトが変わり、最初は少し球が速く見えましたが、あまり気になりませんでした。どんな試合でも、いいところもあれば反省もあって、それを1試合1試合考えながらやっていきます」

髙橋礼華&松友美佐紀(日本ユニシス)
結果:2回戦、川島美南/齋藤夏(ACT SAIKYO)に2-0で勝利

高橋「連戦で体も疲れていますし、決められるところで決めきれませんでした。ベスト16のなかでは手強い相手というのはわかっていましたが、一人はミックスも兼ねているので、もうちょっとやりようがあったかな…。自分たちがそうしなければいけないのに、相手に前に前にこられて、いいリズムが作れませんでした。よくなっている…ということもないですね。明日の相手(星千智/松田蒼)は先週やっているぶん、相手のほうがやりやすいかも。でも、1試合1試合をしっかりやっていかなくては」

 

取材・構成/楊順行

写真/菅原淳


投稿日:2019/11/28

人気記事ランキング