【全日本総合2019】世界ジュニア女王・郡司が大学チャンピオンを破る!<1回戦-注目試合>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」が、11月26日に開幕した。今年も東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に、12月1日の決勝戦まで熱戦が展開される。大会2日目の27日は、各種目1回戦を実施。ここでは、女子シングルスの注目試合をレポートする。

【女子シングルス1回戦】

郡司莉子(八代白百合学園高2年)②〔25-23、23-19〕0●香山未帆(筑波大3年)

郡司莉子VS香山未帆。世界ジュニア女王vsインカレ女王の対決となった試合は、女子シングルス1回戦の中でも屈指の大熱戦だった。

体の軸でしっかり回ってパワーを生み出す香山と、大きくのびやかなフォームが特徴の郡司。第1ゲーム序盤からコート奥を取り合い、あいたスペースにねらいすましたクロスショットを打ち込む。見る者をうならせる見事なラリーが続いた。

第1ゲーム終盤、郡司がリードを奪い19−13。しかし、サイドをねらったショットが次々とアウトになるなど、香山が6連続得点で19−19。20−19とゲームポイントを奪ったのは郡司だったが、香山がクロススマッシュを決めて20−20。互いに譲らぬ戦いは23−23まで続き、最後は郡司がクロススマッシュを打ち込み25−23。第1ゲームを奪った。

香山未帆(筑波大)

第2ゲームに入ると、香山がリターンを奥へと押し込んでリードを奪う。しかし、苦しい体勢からも果敢にスマッシュを打ち込む郡司が、18−18で香山をつかまえる。19点目はドリブンクリアーの打ち合いで、香山がバックアウト。続くラリーも香山のロブがバックアウトとなり、20−18で郡司がマッチポイントを迎える。

最後のラリーは、ショートサービスからのドライブの打ち合いを、香山がネットにかけてゲームオーバー。終わってみれば2-0、48分の戦いは、数字以上に中身の濃い試合だった。

◆◆郡司コメント◆◆

「去年は会場の独特な雰囲気に、自分のやるべきことが全然できず、声も出なかった。でも今日は声を出して、自分らしいプレーをやろうと思ってコートに入ったので、前半からそれがうまくいってよかったです。

(大学女王が相手でしたが)相手のほうが勝たなきゃいけない気持ちがあったと思います。自分はリードされても焦りはなかったし、気持ちに余裕がありました。逆転するのも自分のいいところの一つ。自信を持って自分からどんどん攻めていけたのがよかったです。

明日の2回戦の相手は、あこがれの山口茜選手。女子選手がやらないようなプレーをするところとか、観客の方が『おー』となるようなプレーをするのがすごい。自分のいいところは、コースを突いたライン際のスマッシュと、相手より先に自分から仕掛けていくことと。明日は自分からどんどん仕掛けて、自分のいいところを出していければと思います」

 

取材・文/平田美穂、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳

 


投稿日:2019/11/27
■関連キーワード

               

人気記事ランキング