【全日本総合2019】「総合は自分にとって重要な大会。勝ちたい思いは強い」(遠藤)<1回戦・コメント-1>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」が、11月26日に開幕した。今年も東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に、12月1日の決勝戦まで熱戦が展開される。大会2日目の27日は、各種目1回戦を実施。ここでは、注目選手などのコメントを紹介しよう。

園田啓悟(左)&嘉村健士(トナミ運輸)

結果:高階知也(SMASH SPIRIT)/竹内宏気(アメリカンベイプ岐阜)に2−0で勝利

園田「1回戦ということで硬くなりましたが、集中して、一本一本やっていこうと切り替えて試合をしました。よかったところは少なかったですし、今日は低い展開で相手のほうが沈めてくる場面もあったので、そこは明日、修正していきたいです。

今年の夏に(調子を落として)苦しんだ部分があって、もがいたんですけど、10月のデンマークOPあたりから自分の思うようなプレーが少しずつできるようになってきました。今大会はどんな相手でも、前へ前へという気持ちでやっていきたいです」

嘉村「初戦でしたが、いつもよりは緊張しなかったです。一本一本に対しての集中はしっかりできていたと思います。でも、チャンスボールでのミスが多かったので、そこはしっかり修正していきたいです。

会場はシャトルが飛ばないのですが、ファイナルの会場も同じと聞いたので、同じ展開になるのかなというのは感じました。こういう体育館では、打つところはしっかり打つ、かわすところはしっかりかわすというのが大事。そこができないと押しきられていくので、自分たちのいい形にできるようにしたいです。今大会は、試合のあとや、ゲームをやるたびに、分析してやっていきたい。明日もファイナルにつながるような試合ができればと思います」

遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)

結果:武井優太/遠藤彩斗(明治大)に2−0で勝利

遠藤「全日本総合は何回も出ていますけど、独特の雰囲気がありますし、何度出ても緊張する大会だなと思います。ツアーファイナルズにつなげるという意味もありますが、この大会自体が自分にとっては重要。国内最高峰の大会ですし、小さいころから見ていた大会なので、あこがれもあります。また逆に、小さい子が見に来てくれていますし、そういう機会はなかなかないので、勝ちたい気持ちは強いです。まず、この大会で優勝できるように、コンディションとか整えて、一つひとつ頑張ります。

1回戦で対戦した選手もそうですが、最近の若い選手は技術もありますし、勢いもある。初戦、ちょっと危なかったところもありましたが、若い選手の勢いをしっかり受け止めてできたのがよかったかなと思います」

渡辺「初戦としてはよかったかなと思います。会場が代々木第二のときもそうでしたが、(ウォーミングアップするための)アップコートがなく試合前に羽根を打てないので、ほかの大会と違って準備の仕方が難しいですが、少しずつ慣れていければ。

(試合中に足を擦りむいて出血したことに関して)大丈夫かなと思ったんですけど、きれいにすりむいて血が出て。おかげで流れを取り戻せたので、今日に関しては、血が出てよかったかなと思います(笑)。

 連戦が続いていますが、勝ちたい大会の一つ。会社や応援してくださる方のためにも、1試合でも多く試合をして、勝ちたいと思っています」

 

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2019/11/27
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング