【福州中国OP2019】大堀彩、西本拳太らが2回戦に進出!<2日目結果>

11月6日に開催されたBWFワールドツアー・福州中国OP(Super750/福州)2日目は、各種目1回戦の残り半分が行なわれた。

初日の結果はこちら

日本勢は前日に引き続き5種目に登場。男子シングルスの西本拳太は、デンマークのベテラン選手、H・K・ヴィテンフスに2−1で勝利を飾り2回戦に進出した。また、女子シングルスの大堀彩(上写真)も、中国の若手・韓悦(ハン・ユェ)に、こちらもファイナル勝負の末に下して初戦を突破している。

3ペアが1回戦を戦った混合ダブルスは、世界ランク3位の渡辺勇大/東野有紗が、ドイツペアを2−0で退けて2回戦に進出したものの、権藤公平/栗原文音、保木卓朗/永原和可那はそれぞれ0−2で敗戦。権藤/栗原は上位大会で初戦の壁をなかなか打ち破れず、苦しい戦いが続いている。

男子ダブルス、女子ダブルスはそれぞれ日本人対決が行なわれた。園田啓悟/嘉村健士と井上拓斗/金子祐樹の勝負は、第1ゲームを井上/金子が制してみせたが、第2ゲーム、最終ゲームは園田/嘉村が奪い返して逆転勝利。福島由紀/廣田彩花と櫻本絢子/髙畑祐紀子の対決は、2−1で下した福島/廣田に軍配があがった。

女子シングルス・世界ランク4位の山口茜(上写真・右)は、マレーシア選手に0−2で敗れ初戦敗退となった。第1ゲームを19本で落とした山口は、続く第2ゲームも16-21。前回のフランスOP(Super750)では、久々にベスト4入りを果たして復調気配を見せた山口だったが、その勢いを生かせず。不調のトンネルから抜け出せずにいる。

2日目の結果、2回戦の対戦カードは以下の通り。

▼1回戦(11月6日)

【男子シングルス】

西本拳太②〔14−21、21−13、21−11〕1●H・K・S・ヴィテンフス(デンマーク)59分

男子シングルスでは日本勢で2番手の西本拳太が初戦を突破。2回戦では台湾のエースと対決する

【女子シングルス】

山口茜●0〔19−21、16−21〕②ソニア・チア(マレーシア)37分

大堀彩②〔15−21、21−19、21−7〕1●韓悦(中国)61分

【男子ダブルス】

園田啓悟/嘉村健士②〔12−21、21−18、21−14〕1●井上拓斗/金子祐樹58分

【女子ダブルス】

福島由紀/廣田彩花②〔21−18、10−21、21−8〕1●櫻本絢子/髙畑祐紀子71分

【混合ダブルス】

渡辺勇大/東野有紗②〔21−13、21−9〕0●ラムスフス/ハートリッチ(ドイツ)59分

権藤公平/栗原文音●0〔10−21、17−21〕②任翔宇/周超敏(中国)31分

保木卓朗/永原和可那●0〔17−21、19−21〕②ジョルダン/オクタビアンティ(インドネシア)32分

▼2回戦(11月7日)

【男子シングルス】

桃田賢斗 ― リー・ジジャ(マレーシア)

西本拳太 ― 周天成(台湾)

【女子シングルス】

奥原希望 ― ニチャオン・ジンタポル(タイ)

大堀 彩 ― 陳雨菲(中国)

【男子ダブルス】

園田啓悟/嘉村健士 ― ゴーSF/イズッディン(マレーシア)

遠藤大由/渡辺勇大 ― シェティ/ランキレッディ(インド)

【女子ダブルス】

松本麻佑/永原和可那 ― 董文静/馮雪穎(中国)

髙橋礼華/松友美佐紀 ― G・ストエワ/S・ストエワ(ブルガリア)

福島由紀/廣田彩花 ― 許雅晴/胡綾芳(台湾)

【混合ダブルス】

渡辺勇大/東野有紗 ― 任翔宇/周超敏(中国)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/11/06
■関連キーワード

                           

人気記事ランキング