【大会結果】元中国代表などがメンバーのYONEX MULANが2年ぶりV!<ヨネックス杯国際親善レディース>

10月23日から27日の5日間、大阪市において「ヨネックス杯国際親善レディース2019」が開催された。今年で25回目を数えるこの大会は、日本国内からだけでなく、中国、韓国、台湾、アメリカなどからもエントリーがある団体戦だ。今年は中国、韓国、台湾、香港、カナダ、アメリカから36チームが参加。計278チームがレベルや年齢によって9つのゾーンに分かれ、各ゾーンで熱戦を繰り広げた。なお、試合は各チームが3つのダブルスを構成、勝敗を争った。

競技レベルの高い選手によって構成されたチームで争われるAゾーンでは、元日本代表、元中国代表といった世界トップレベルで活躍した選手も出場。

上位常連のYONEX MULAN(中国)は、2001年世界選手権で女子シングルスを制した龔睿那(ゴンルイナ)がコーチとして初参加。2009年世界選手権女子ダブルス準優勝の成淑(チェンシュー)、2年前まで代表としてプレーしスーパーシリーズ優勝など実績もある湯金華(タンジンファ)など錚々たる顔ぶれがそろった。

そのYONEX MULANは、準決勝では昨年優勝のYONEXを、また決勝ではKOREA A(韓国)を破り、2年ぶり2度目の優勝。YONEX MULANは、予選リーグ、決勝トーナメントを通じて1試合も落とさない圧勝だった。

ハイレベルな決勝を見せてくれたYONEX MULAN(左)とKOREA A。試合後は笑顔で健闘を称え合った

また、3位決定戦では、京都学生選抜がYONEXを接戦の末に破っている。

第3複にもつれた3位決定戦で勝負を決めた京都学生選抜の下陸ひかる(右)/徳岡玲奈
YONEXは連覇はならなかったが、厳しい接戦を勝ち抜いて大会を盛り上げた。写真は齋藤絵里香(右)/今別府香里

優勝
YONEX MULAN 睿那(ゴンルイナ)コーチ
「今日は選手が本当にがんばってくれて、内容もすごくよかった。勝ててよかったと思います。試合前やゲーム間、またインターバルでは、技術的な部分や、どうやって攻めたらいいかなど戦術面をアドバイスしました。あとは、“がんばれ!”と鼓舞したり(笑)。私自身は今大会には初参加ですが、年齢を問わず、女性が運動を通じていろいろな人と関わりを持てるということを、大会を通してあらためて実感しました。とてもいい大会ですね」

優勝:YONEX MULAN(中国)
準優勝:KOREA A(韓国)
3位:京都府学生選抜

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/江見洋子


投稿日:2019/10/28
■関連キーワード

            

人気記事ランキング