【全日本ジュニア】髙橋が郡司を破ってV!単複2冠を達成!<ジュニアの部・女子>

『JOCジュニアオリンピックカップ第38回全日本ジュニア選手権』は23日、新潟県・新潟市東総合スポーツセンターで各種目の準決勝・決勝が行なわれた。ここでは、高校2年生以下で争われる「ジュニアの部」女子のダイジェストをお伝えする。

【ジュニアの部 女子ダブルス】

先輩とのペアで選抜、インターハイを制した髙橋(右)が、同学年の加藤と組んでV

女子ダブルスは、青森山田の髙橋美優/加藤佑奈が2-0のストレート勝ちを重ねて頂点に到達した。最終日は準決勝で第1シードの中山うらら/岩野真睦(名経大市邨)を21-15、22-20で振り切ると、決勝では、ノーシードから勢いよく勝ち上がった青木もえ/谷川莉奈(常総学院)を13本、17本で下して勝利。決勝の相手は優勝候補の廣上瑠依/杉山薫(ふたば未来学園)を2-1で破った難敵だったが、ラリーのなかできっちり球を沈めて主導権を掌握。左右ペアの強みを生かした攻撃力も発揮して、ペアとして全国初優勝を飾った。

<優勝コメント>

★女子ダブルス優勝
髙橋美優(右)/加藤佑奈(青森山田・青森)

髙橋「自分は選抜やインターハイでも優勝していて、引っ張らなきゃと思っていたぶん、とくに準決勝は自分が決めなきゃと思って決め急いだ部分がありました。でも、1ラリーごとに2人で話し合えたのがよかった。決勝は、どんどん前で触っていけたことが勝因かなと思います」

加藤「自分たちは団体戦では組んでいたんですけど、個人戦は初めて。プレッシャーはありましたが、個人戦でも結果を出したい気持ちがあったので、勝てたのはよかったです。でも、今大会は自分がいい形で試合を進めていくことができず、パートナーに何度も助けてもらいました。今後も団体戦や個人戦の全部の試合で勝っていけるように、頑張っていきたいです」

ノーシードから勢いよく決勝まで駆け上がった青木もえ(右)/谷川莉奈

◆ジュニアの部 女子ダブルス結果(23日)
▼準決勝
髙橋美優/加藤佑奈(青森山田・青森)②〔21-15、22-20〕0●中山うらら/岩野真睦(名古屋経済大市邨・愛知)
青木もえ/谷川莉奈(常総学院・茨城)②〔18-21、21-16、21-17〕1●廣上瑠依/杉山薫(ふたば未来学園・福島)
▼決勝
髙橋美優/加藤佑奈②〔21-13、21-17〕0●青木もえ/谷川莉奈

【ジュニアの部 女子シングルス】

シングルスの全国初タイトルを獲得した髙橋美優(青森山田)。女子の2冠は、2009年に峰歩美(岡崎城西・当時)が達成して以来10年ぶり

昨年、この舞台で優勝を争った郡司莉子(八代白百合学園)と髙橋美優(青森山田)が、ふたたび決勝で激突。ともに準決勝を苦しみながらも2-1で突破して迎えた頂上決戦は、髙橋がリベンジを果たして全国初タイトルを獲得した。その決勝は、第1ゲームを髙橋、第2ゲームを郡司が奪い、勝負はファイナルゲームへ突入。終盤に17-15とリードしたのは郡司だったが、ここから4連続得点で勢いに乗った髙橋が23-21で勝利。得意のヘアピンで仕掛けて相手のミスを誘うなど、最後まで攻めの姿勢を貫いた。

<優勝コメント>★女子シングルス優勝 
髙橋美優(青森山田・青森)

「去年も単複で決勝に進んで、最後に体力がもたなかった。今回もきつくて、何度も気持ちが折れそうになったのですが、『去年と同じ負け方はできない』と思ったし、応援してくれる人もいるので、最後までねばることができました。莉子はすごくプレッシャーがあったと思います。今回、勝てたことはうれしいけれど、これに満足せず、今後も勝てるように頑張っていきたいです」

昨年の全日本ジュニアを1年生で制して以来、全国大会のシングルスでは負けなしだった郡司。見えないプレッシャーとの闘いで、最終日は要所で硬さが見られた

◆ジュニアの部 女子シングルス結果(23日)
▼準決勝
郡司莉子(八代白百合学園・熊本)②〔16-21、21-10、24-22〕1●内田美羽(青森山田・青森)
髙橋美優(青森山田・青森)②〔15-21、21-9、21-19〕1●中静朱里(ふたば未来学園・福島)
▼決勝
髙橋美優②〔21-17、14-21、23-21〕1●郡司莉子

★全日本ジュニアの熱戦の模様は、10月21日(月)発売の『バドミントン・マガジン』11月号でも紹介します!

取材・文/バドミントン・マガジン編集部
写真/菅原 淳

投稿日:2019/09/24
■関連キーワード

            

人気記事ランキング