【全日本社会人】男子ダブルスは高野&玉手がV!女子は與猶&宮浦が混戦抜け出す!<男女・混合ダブルス>

9月4日に開催された第62回全日本社会人選手権(福岡・福岡市総合体育館、福岡市民体育館)最終日は、各種目の準決勝、決勝戦が行なわれた。ここでは、男女ダブルス、混合ダブルスのダイジェストを紹介しよう。

準々決勝の結果はこちら

男女シングルス準決勝・決勝の結果はこちら

【男子ダブルス】

代表クラス不在で、優勝のチャンスが大きく広がった男子ダブルス。第1シードの竹内義憲/松居圭一郎(日立情報通信エンジニアリング)は、NTT東日本の星野翔平/西川裕次郎を2−0で退けて決勝に駒を進めると、もう一方の山からは、同じく日立情報通信Eの高野将斗(写真右)/玉手勝輝が勝ち上がる。準決勝ではインカレ準優勝の実績がある市川和洋/馬屋原大樹(ジェイテクト)を2−0で下し、頂上決戦に挑んだ。

どちらが勝っても社会人で初の日本一となる勝負は、高野/玉手の勢いが上回った。第1ゲームを21-14で先制すると、第2ゲームも勢いは止まらず21-15。ペアを組んでまだ日が浅い高野/玉手だが、見事ライバルたちを撃破して頂点に輝いた。

高野(写真右)「今年組み始めたので、二人の決めごととしてはまだまだ。今日はたまたまかみ合いましたが、個としてプレーしてしまう部分が多いです。コンビとしてはまだ穴があり、10のうち6か7ぐらいでしょうか。ただ、自分はフィーリングでプレーするほうですが、玉手は考える頭脳派。コミュニケーションを取りながら、なるほどな、と思うことも多いです」

▼準決勝

竹内義憲/松居圭一郎②〔21−16、21−19〕0●星野翔平/西川裕次郎

高野将斗/玉手勝輝②〔21−11、21−15〕0●市川和洋/馬屋原大樹

▼決勝

高野将斗/玉手勝輝②〔21−14、21−15〕0●竹内義憲/松居圭一郎

【女子ダブルス】

混戦の女子ダブルスは、第1シードの與猶くるみ(写真左)/宮浦玲奈(ヨネックス)がそのまま一気に頂上へと駆け上がった。

前日の準々決勝で大接戦をモノにした與猶/宮浦は、準決勝でも勢いのある荒木茜羽/今井莉子(アメリカンベイプ岐阜)を2−0に抑えて決勝へ。決勝の相手は、準決勝で渡邉あかね/尾﨑沙織(NTT東日本)を22本、17本で退けたACT SAIKYOの川島美南/齋藤夏だ。

第1ゲームを先制したのは與猶/宮浦。21-15で奪って優勝に王手をかけたが、第2ゲームは川島/齋藤が意地を見せて21-18で取り返す。1−1で迎えたファイナルゲームは、與猶/宮浦が21-15に抑えて勝利。インターハイ、インカレでの優勝経験がある宮浦は、女子ダブルスでの社会人タイトルは初。また、日本A代表でも活躍した與猶は2015年以来、4年ぶり2回目(ペアは福万尚子)のV達成となった。

與猶(写真左)「今年から組んでいるペアですが、以前のように”負けられない”というプレッシャーがなく、楽しくプレーできています。私はもともと大きいラリーをするほうですが、宮浦はミックスもやっているので展開が速い。ついていけない部分もありましたが、宮浦は前に出るスピードが速くて、それが昨日と今日はすごくよかったし、助けられました」

▼準決勝

與猶くるみ/宮浦玲奈(東京)②〔21−18、21−5〕0●荒木茜羽/今井莉子(岐阜)

川島美南/齋藤夏(山口)②〔24−22、21−17〕0●渡邉あかね/尾﨑沙織(東京)

▼決勝

與猶くるみ/宮浦玲奈②〔21−15、18−21、21−15〕1●川島美南/齋藤夏(山口)

 

【混合ダブルス】

5月の日本ランキングサーキットで初優勝を飾ったB代表の浦井唯行/宮浦玲奈(丸杉/ヨネックス)が、準決勝で敗戦。その優勝候補を破ったのは、2年前の社会人王者でもある高階知也(SMASH SPIRIT/当時のペアは江藤理恵)と、若手の荒木茜羽(アメリカンベイプ岐阜)。2−0のストレートでB代表コンビを下し、決勝に進んだ。反対の山から勝ち上がったのは、西川裕次郎(写真左)/尾﨑沙織(NTT東日本)。こちらも準決勝で三浦昂/大迫晴加(丸杉)を2−0で快勝し、決勝に駒を進めていた。

全国タイトルのチャンスが近づいた頂上決戦、この勝負を制したのは西川/尾﨑だった。第1ゲームは21-14で高階/荒木を抑えると、第2ゲームも主導権を握って21-14で勝利。ともに社会人になってから初の全国タイトルを手にしている。

西川(写真左)「男子ダブルスと合わせてこの大会14試合目……かな? でも、体の準備をしてきたので大丈夫です。それより、男ダブでも優勝したかったです。(尾崎と)ペアを組み始めたのは去年ですが、いつも大会直前に合わせるだけ。ただ今回は、(8月の)秋田マスターズでベスト8入りしてから期間が空いていないので、ちょっとミックスのやり方がわかりつつありました」

▼準決勝

高階知也/荒木茜羽(北海道/岐阜)②〔21−19、21−12〕0●浦井唯行/宮浦玲奈(岐阜/東京)

西川裕次郎/尾﨑沙織(東京)②〔21−16、21−12〕0●三浦昂/大迫晴加(岐阜)

▼準決勝

西川裕次郎/尾﨑沙織②〔21−14、21−14〕0●高階知也/荒木茜羽

取材/楊順行

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/太田裕史


投稿日:2019/09/04
■関連キーワード

   

人気記事ランキング

閉じる