【世界選手権2019】「銀メダルを獲得できてうれしい気持ちでいっぱい(保木)」<帰国会見:選手コメント-2>

8月27日(火)に、第25回世界選手権(スイス・バーゼル)に出場した日本選手団が帰国。羽田空港内にて、メダルを獲得の選手たちによる帰国会見が行なわれた。ここでは、上位成績を残した女子シングルスの奥原希望、男子ダブルスの保木卓朗/小林優吾、女子ダブルスの福島由紀/廣田彩花、混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗のコメントを紹介しよう(選手コメント-1はこちら)。

レポート・コメント・フォトギャラリーはこちら

銀メダル:奥原希望(太陽ホールディングス)

決勝戦は本当に悔しい思いをしたけど、それまでの勝ち上がり方、また試合内容は自信になりました。これからも試合は続くので、引き続き、“答え合わせ”をして、もっともっと強くなりたいと思いました。

銀メダル:福島由紀(アメリカンベイプ岐阜)

昨年と同様に準優勝に終わりましたが、2回戦で中国ペアに、3回戦で韓国ペアに競り勝ったのはプラスになりました。決勝は負けてしまったけど、すごくいい試合ができたので、次につなげて、切磋琢磨しながらいい試合ができるように頑張っていきたいです。

銀メダル:廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)

準優勝で悔しい思いもあるけど、決勝まで5試合戦っていい部分もあったり、課題も見えたりしたので、すごくプラスになった大会でした。また次に向けて頑張っていきます。応援ありがとうございました。

銀メダル:保木卓朗(トナミ運輸)

大会に入るまで、自分たちはメダル獲得を目標に合宿から頑張ってきました。その結果、銀メダルを獲得できてうれしい気持ちでいっぱいです。五輪レースはまだまだ続くので、この銀メダルに満足することなく、五輪レースを最後まで頑張っていきたいです。

銀メダル:小林優吾(トナミ運輸)

正直、今大会でメダルを取れるとは思っていなかったので、非常にうれしい気持ちです。まだまだ五輪レースは続きますが、体調管理に気をつけて頑張っていきたいと思います。

銅メダル:渡辺勇大(日本ユニシス)

今大会はミックスダブルスとして、日本初のメダルが獲得できて素直にうれしいです。引き続き、試合がありますので、体調管理に気をつけて頑張っていきたいと思います。

銅メダル:東野有紗(日本ユニシス)

準決勝で悔しい思いをしたけど、初めてミックスダブルスでメダルが取れたことはうれしいです。試合はまだまだ続くので、2人で準備して頑張っていきたいと思います。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2019/08/27

人気記事ランキング