【世界選手権2019】「21点目を取られたとき、開き直ってプレーできた(永原)」<決勝戦:選手コメント-1>

8月25日に開催された25回世界選手権(スイス・バーゼル)最終日は、各種目の決勝戦が行なわれた。世界の頂点をめざす日本代表選手らが、世界一をかけて熱戦を展開。ここでは、戦いを終えた選手たちの試合後のコメントを紹介しよう。

レポート・コメント・フォトギャラリーはこちら

WD:松本麻佑(右)/永原和可那

決勝戦:福島由紀/廣田彩花に21−11、20−22、23−21の2−1で勝利。2連覇を達成した

松本 昨年は優勝を見ずに、一戦一戦と戦い抜いた結果でしたが、今回は優勝に向けて調整してきました。今日は、攻め急がないことを意識してプレーしました。(攻撃力で押し切った前回と違い、守備から主導権を奪う場面もあったが?)レシーブが安定すると、気持ちにも余裕が生まれるので、レシーブからの展開は大事だなと思いました。

永原 ファイナルゲームの中盤から楽しくて、声をかけ合って楽しみながらプレーをできていました。でも、20点を取ってから、勝ちたい気持ちが出てきて力が入ってしまいました。でも、21点目を取られたときに開き直って、プレーできました。

(最後のドロップショットは?)普段ならスマッシュの場面ですけど、なぜか体が勝手に反応して打ってくれていました。勝ててよかったです。ファイナルゲームで18-13になったとき、前回はこの(逆の)スコアから私たちが逆転したので、そのときのことを思い出して楽しんでできました。でも、こういう大きな舞台で最後の1点を取ることがどれだけ難しいかということは、今回で痛感しました。

レポート・コメント・フォトギャラリーはこちら

取材・構成/平野貴也

写真/BADMINTONPHOTO

2018年大会の記事はこちら

MS=男子シングルス、WS=女子シングルス、MD=男子ダブルス、WD=女子ダブルス、XD=混合ダブルス


投稿日:2019/08/25
■関連キーワード

               

人気記事ランキング

閉じる