【世界選手権2019】「レシーブがよく、攻撃の形にうまく持っていけた(松本)」<準決勝:選手コメント-5>

8月24日に開催された25回世界選手権(スイス・バーゼル)6日目は、各種目の準決勝が行なわれた。世界の頂点をめざす日本代表選手らが、決勝戦の切符をかけて激闘を演じている。ここでは、戦いを終えた選手たちの試合後のコメントを紹介しよう。

放送予定

バナーをクリックするとリンク先に移動します

WD:松本麻佑/永原和可那(左)

準決勝:ポリイ/ラハユ(インドネシア)に21−12、21−19の2−0で勝利

松本 1ゲーム目は自分たちのレシーブがよく、攻撃の形にうまく持っていくことができました。2ゲーム目は相手に攻め込まれる展開になりましたが、自分たちも変化を入れたのがよかったと思います。

(前日の米元選手のアクシデントについて)ああいうアクシデントで終わってしまい、今日は先輩たちのぶんも、という気持ちを持って全力で戦い抜けました。(決勝は、昨年と同じ福島/廣田)福島/廣田ペアとやるときは、迎えうつのではなく、ずっと向かっていく立場だと思っているので、そこは変わらず自分たちのプレーを出せればと思います。

永原 相手はレシーブがうまい。スマッシュだけでうまくいかなかったので、チャンスのときだけフルスマッシュを打って、あとは、コースをねらって守備を寄せてから攻撃のパターンに持っていくようにしました。本当にラリーは長かったのですが、うまくいった場面もあったので、よかったです。

(2ゲーム目、追い上げられた中で攻め抜けた要因は?)最後は自分たちの持ち味で勝負したいと思っているので、中盤までは相手に合わせたところもありましたが、パワーで勝負にいきました。(2年連続の決勝進出?)昨年とは立場が変わって(第1シードで標的にされても)また決勝にいけたのは、うれしいです。明日も日本人対決をできることは、すごいこと。決勝の舞台を楽しんで、互いによいプレーができればと思います。

レポート・コメント・フォトギャラリーはこちら

取材・構成/平野貴也

写真/菅原淳

2018年大会の記事はこちら

MS=男子シングルス、WS=女子シングルス、MD=男子ダブルス、WD=女子ダブルス、XD=混合ダブルス


投稿日:2019/08/25

人気記事ランキング

閉じる