【世界選手権2019】「考えることも必要だし、練習量も必要(渡辺)」<準決勝:選手コメント-4>

8月24日に開催された25回世界選手権(スイス・バーゼル)6日目は、各種目の準決勝が行なわれた。世界の頂点をめざす日本代表選手らが、決勝戦の切符をかけて激闘を演じている。ここでは、戦いを終えた選手たちの試合後のコメントを紹介しよう。

放送予定

バナーをクリックするとリンク先に移動します

XD:渡辺勇大(右)/東野有紗

準決勝:鄭思維/黄雅瓊(中国)に11−21、15−21の0−2で敗戦

渡辺 (相手が)強かったです。速い展開に持っていかないようにしたかったのですが、相手の動きが速くて。(勝つために何が必要か?)毎回聞かれますけど、見ていてどう感じますか? 何かありますかね…。いまの段階では、何かをどうすれば勝てるという次元じゃないと思います。相手がやっていることは同じだけど、それでも無抵抗(の状態にされてしまう)。もっと、ほかにやり方があるのかもしれませんが、考えることも必要だし、練習量も必要だと思います。

(世界ランク3位の)シードを持っているから(1位、2位の)中国の2組とは準決勝でしか対戦しないので、いい経験はできました。緊張することもなく戦えましたけど、相手のすごいプレーを見せつけられました。

東野 緩い球を使って、私が前に入っていくことを考えていましたが、相手の方が全然スピードが上で、自分たちのリズムにすることがとても難しかったです。

レポート・コメント・フォトギャラリーはこちら

取材・構成/平野貴也

写真/菅原淳

2018年大会の記事はこちら

MS=男子シングルス、WS=女子シングルス、MD=男子ダブルス、WD=女子ダブルス、XD=混合ダブルス


投稿日:2019/08/25
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング