【世界選手権2019】「ベストパフォーマンスを出して、結果で恩返しをしたい(桃田)」<準決勝:選手コメント-1>

8月24日に開催された25回世界選手権(スイス・バーゼル)6日目は、各種目の準決勝が行なわれた。世界の頂点をめざす日本代表選手らが、決勝戦の切符をかけて激闘を演じている。ここでは、戦いを終えた選手たちの試合後のコメントを紹介しよう。

放送予定

バナーをクリックするとリンク先に移動します

MS:桃田賢斗

準決勝:サイ・プラニース・B.(インド)に21−13、21−8の2−0で勝利

今日は点数を抑えて勝つことができましたが、相手のフォア奥に集める球が結構(強打で)決められてしまっていたので、あまり納得していません。多分、お客さんが多かったので、純粋に緊張したからだと思いますが、体が少し重かったです。シャトルも昨日よりは飛んだので、ロブの上げ方はもう少し調整したいです。

(全試合ストレートで勝ち上がっているが?)決勝戦の相手がまだ試合をしていない状況で、自分は全部ストレートで終わることができ、休養面では優位だと思います。最悪のパターンとして(決勝で)ファイナルゲームまでいって、バテて……ということも考えてはいますが、それをいま考えても仕方がないので(優勝まで)全部ストレートでいくくらいの気持ちで臨みたいです。

(連覇がかかるが?)それは、来る前からわかっていたことで、いまさら考えていません。ベストパフォーマンスを出して、応援して下さる人に結果で恩返しをしたいと思います。

レポート・コメント・フォトギャラリーはこちら

取材・構成/平野貴也

写真/BADMINTONPHOTO

2018年大会の記事はこちら

MS=男子シングルス、WS=女子シングルス、MD=男子ダブルス、WD=女子ダブルス、XD=混合ダブルス


投稿日:2019/08/25
■関連キーワード

               

人気記事ランキング