【世界選手権2019】「また練習をたくさんやって、もっと強くなりたい(松友)」<準々決勝:選手コメント−5>

8月23日に開催された25回世界選手権(スイス・バーゼル)5日目は、各種目の準々決勝が行なわれ、世界の頂点をめざす日本代表選手らが、まずはメダルをかけて激闘を演じた。ここでは、戦いを終えた選手たちの試合後のコメントを紹介しよう。

放送予定

バナーをクリックするとリンク先に移動します

WD:髙橋礼華(右)/松友美佐紀

準々決勝:李茵暉/杜玥(中国)に25−23、18−21、23-25の1−2で敗戦

松友 悔しいですけど、楽しかったです。(長い試合で疲労が大きかったと思いますが?)あそこまでいったら、互いに攻める戦い。常にどちらも仕掛けようとしていましたし、あとは運だったと思います。中国ペアも、おそらく過去最高のプレーを今日はしていたと思いますし、私たちもこの世界選手権では久しぶりにいい試合をたくさんできたので、また練習をたくさんやって、もっと強くなりたいです。

手応えはありますし、いままでにないイメージも出てきているので、またここから這い上がっていきたいと思います。

髙橋

※試合直後、疲労のため囲み取材に対応できず。

レポート・コメント・フォトギャラリーはこちら

取材・構成/平野貴也

写真/菅原淳

2018年大会の記事はこちら

MS=男子シングルス、WS=女子シングルス、MD=男子ダブルス、WD=女子ダブルス、XD=混合ダブルス


投稿日:2019/08/24
■関連キーワード

            

人気記事ランキング

閉じる