【全中2019】シングルスは明地が優勝!ダブルスは遠藤&小笠原が頂点に!<女子個人>

8月22日に開催された第49回全国中学校大会(兵庫県・尼崎市記念公園ベイコム総合体育館)の個人戦最終日は、男女の準決勝から決勝までが行なわれた。ここでは女子シングルス・ダブルスの結果をお伝えしよう。

【女子シングルス】

巧みな配球でペースをつかんでいった明地陽菜(柳井)が優勝

最終日に勝ち残ったのは、石岡空来(ふたば未来学園)、明地陽菜(柳井)、吉川天乃(総社西)、遠藤美羽(小山第二)の4名。この中から決勝にコマを進めたのは3年生の2人だった。明地は2年生の石岡にストレート勝ち。吉川も遠藤を15本、12本と寄せつけず、優勝に王手をかけた。
中国ブロックでもしのぎを削るライバル対決となった決勝。そこで強さを見せたのは明地のほうだ。1-1で迎えたファイナルゲームは、緩急を織り交ぜた丁寧なラリーで主導権を掌握。最後は吉川を13本に抑えた明地が中学女王に輝いた。

昨年の全日本ジュニア新人の部を制した吉川は、悔しい準優勝

【優勝コメント】

明地陽菜(柳井・山口)

「負けても勝ってもこれで終わりだと思って、全力を出しきることを考えていました。決勝もキツい場面があったけど、応援が力になった。個人戦だけど、私だけじゃなくてチームみんなで勝ち取った日本一だと思います」

【22日の結果】

▼準決勝
明地陽菜(柳井・山口)②〔21-11、21-17〕0●石岡空来(ふたば未来学園・福島)
吉川天乃(総社西・岡山)②〔21-15、21-12〕0●遠藤美羽(小山第二・栃木)
▼決勝
明地陽菜②〔21-16、14-21、21-13〕1●吉川天乃

【女子ダブルス】

決勝の大激闘を制した遠藤心夏(右)/小笠原未結 (青森山田)

女子ダブルスは、第1シードの遠藤心夏/小笠原未結 (青森山田)が優勝を飾った。2人は準決勝で長谷川歩佳/山川美咲(倉敷第一)にストレート勝ちを収めると、決勝では、ふたば未来学園の伊藤歩/山北奈緒をファイナル24-22で撃破。手に汗握る展開を我慢強く制した2人が悲願のタイトルをつかみ取った。

団体戦との2冠をめざした伊藤歩(手前)/山北奈緒(ふたば未来学園)は、優勝にあと一歩届かず

【優勝コメント】

遠藤心夏/小笠原未結 (青森山田・青森)

遠藤(右)「2ゲーム目を取られたときは気持ちも引いてしまって、負けると思いました。勝った瞬間は信じられなかった。最後まで頑張れてよかったです」
小笠原「最後は自分が崩れてしまって、遠藤が引っ張ってくれた。みんなの応援も大きくて、団体戦の悔しい思いとかもあったのでここまで戦えたと思う」

【22日の結果】

▼準決勝
遠藤心夏/小笠原未結 (青森山田・青森)②〔21-19、21-13〕0●長谷川歩佳/山川美咲(倉敷第一・岡山)
伊藤 歩/山北奈緒(ふたば未来学園・福島)②〔21-14、21-7〕0●宮﨑虹心/白石一華(鏡・熊本)
▼決勝
遠藤心夏/小笠原未結②〔21-13、10-21、24-22〕1●伊藤 歩/山北奈緒

全国中学校大会の詳報や写真、全記録を掲載する『バドミントン・マガジン10月号』は9月21日(土)より発売予定。熱戦の軌跡を誌面でも、ぜひご覧ください!

文/バドミントン・マガジン編集部
写真/江見洋子


投稿日:2019/08/23
■関連キーワード

               

人気記事ランキング