【世界選手権2019】林丹、周天成、ギンティンなどが初戦突破!<初日>

8月19日に行なわれた第25回世界選手権(スイス・バーゼル)の大会初日は、各種目1回戦が行なわれた。日本勢は男子シングルス、女子シングルス、混合ダブルスの選手らが登場。多くの選手・ペアが勝利を飾り、2回戦に進出している。

レポート・コメント・フォトギャラリーはこちら

海外の注目選手では、男子シングルスで桃田賢斗のライバルとなるアンソニー・S・ギンティン(インドネシア)や、第2シードの周天成(チョウ・ティエンチェン/台湾)、諶龍(チェン・ロン/中国)といったトップ選手が順当に白星をつかんだほか、3回戦で桃田と対戦する可能性がある林丹(リン・ダン/中国)も、ファイナル勝負の末に競り勝ち、2回戦に進出している。

過去5回の世界一を遂げている林丹は苦しみながらも1回戦突破

初日の日本選手の結果は以下の通り。

◆放送予定

バナーをクリックするとリンク先に移動します

【男子シングルス】

桃田賢斗②〔21−9、21−10〕0●ファム・カオクン(ベトナム)34分

西本拳太②〔21−11、21−14〕0●カルレ・コルジョネン(フィンランド)43分

常山幹太②〔21−19、21−5〕0●パブロ・アビアン(スペイン)50分

【女子シングルス】

髙橋沙也加②〔21−10、21−13〕0●カースティ・ギルモア(スコットランド)33分

大堀彩②〔21−11、21−19〕0●張雁宜(香港)

【混合ダブルス】

権藤公平/栗原文音●0〔18−21、11−21〕②王齊麟/程琪雅(台湾)33分

保木卓朗/永原和可那②〔21−13、21−17〕0●ホール/マクフェルソン(スコットランド)33分

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2019/08/20
■関連キーワード

               

人気記事ランキング

閉じる