【熊本IH2019】奈良岡が念願のタイトル奪取! 地元の野田は準優勝<男子シングルス>

8月5日(月)、『熊本インターハイ』は競技5日目を迎え、八代トヨオカ地建アリーナ(八代市総合体育館)で男女個人戦シングルス・ダブルス準決勝と決勝が行なわれた。ここでは、男子シングルスのダイジェストをお伝えする。

【ダイジェスト】

最後は勝利への強い執念を見せて優勝をつかんだ奈良岡功大(浪岡)

ほぼ同時にスタートした2つの準決勝。まずは選抜王者の奈良岡功大(浪岡)が、地元の池端元哉(熊本学園大付)の挑戦を10本、15本で退けて決勝へと駒を進めた。一方、野田統馬(八代東)と高橋洸士(東大阪大柏原)の準決勝は激闘に。同じ福岡県出身で小学生の頃から切磋琢磨してきた仲とあって、手の内を知る者同士の対決はファイナルゲームに突入した。応援がヒートアップするなか、最後に抜け出したのは野田。長身を生かした攻撃を貫き、ねばる高橋を17本で振り切った。

単複で最終日に進んでいた野田統馬(八代東)。シングルスは準決勝の壮絶な一戦を制して決勝に進んだ

迎えた頂上決戦。観客の注目を集めるなか始まった試合は、優勝への思いがぶつかり合う好勝負となった。野田は準決勝の激闘により体力の消耗が懸念されたが、地元Ⅴの期待を背負って決勝でも奮起。第1ゲームは奈良岡との長いラリーも食らいついて制するなど、6-12から13-14の1点差まで詰め寄った。

だが、そんな展開を「覚悟していた」という奈良岡はペースを乱さず、第1ゲームを18本で先制。第2ゲームは19-16から3連続ポイント許して追いつかれたが、「相手がヘアピンで勝負してくることが多かったので、打たせてねらった」というプッシュでマッチポイント。勝負所で“駆け引き”を制した奈良岡が、最後はスマッシュを突き指して雄叫びをあげた。

過去2年、優勝を期待されながら故障などに苦しみ準優勝が続いていた奈良岡。最後の夏に悲願を達成し、最高の笑顔が輝いた。

試合後は、観客席に向かって「応援、ありがとうございました!」と一礼し、感謝を示した両選手。力を尽くして戦った二人に向けて、観客からは大きな拍手が送られた。

【優勝コメント】


「決勝は相手の応援もすごいし、乗ってくるので、攻めても絶対に返ってくるという気持ちでやっていました。準々決勝までは守りに入っていた部分があったけど、今日の2試合は自分から攻めに行けたのがよかったです。最後のインターハイなので、勝ちたい思いが強かった。ここに向けて自分で追い込んでやってきたので、それが最後に生きたのかなと思います」

【男子シングルス結果(5日)】
▼準決勝
奈良岡功大(浪岡・青森)②〔21-10、21-15〕0●池端元哉(熊本学園大付・熊本)
野田統馬(八代東・熊本)②〔21-23、21-15、21-17〕1●高橋洸士(東大阪大柏原・大阪)
▼決勝
奈良岡功大②〔21-18、21-19〕0●野田統馬

★男子シングルスの全試合結果(トーナメント)はこちら

★熊本インターハイの熱戦の模様は、8月22日(木)発売の『バドミントン・マガジン』9月号でも紹介します。

取材・文/バドミントン・マガジン編集部
写真/桜井ひとし


投稿日:2019/08/06

人気記事ランキング

閉じる