【熊本IH2019】実力伯仲の闘いを制するのはーー<男子団体展望>

高校生の夢舞台・インターハイ(全国高校総体)バドミントン競技が、8月1日から5日まで、熊本県で開催。7月31日に開会式が行なわれ、1、2日に団体戦、3日から5日まで個人戦が実施される。ここでは、インターハイ特別企画として、『バドミントン・マガジン8月号』で掲載中の展望記事をバド×スピ!に公開。男子団体の展望を紹介する。

◆男子団体戦の組み合わせはこちら
◆男子団体戦の出場校一覧(チーム紹介)はこちら

選抜王者の浪岡が一歩リード!

春の王者・浪岡は奈良岡功大を軸に夏の頂点をねらう。単複での活躍が期待される武 藤映樹(右)/久慈友也にも注目

強豪校の実力が拮抗し混戦が予想される男子団体。そのなかでも、春を制した浪岡(青森)が一歩リードしている。なんといっても浪岡は、春3冠の奈良岡の存在が光る。計算できる勝ち星は、精神的にもチームの強み。春は絶妙なオーダーで総力戦を制し、優勝を勝ち取った。この夏は「すべてにおいて上回る」(奈良岡監督)をテーマに、過去の自分もライバルたちも越え、まだ見ぬ夏の頂点を奪いにいく。

その浪岡の対抗馬としてまず名前があがるのは、聖ウルスラ学院英智(宮城)埼玉栄(埼玉)東大阪大柏原(大阪)だ。選抜準優勝の聖ウルスラは6月の東北大会で優勝した浪岡に再び敗れたものの、スコアは2-3と接近している。チームの要はジュニアナショナルの藤澤/熊谷。2人を軸に、春の経験を生かして優勝をめざす。

選抜準優勝の聖ウルスラ学院英智。エース藤澤佳史 (左)/熊谷翔がポイント源となって初の頂点をねらう

選抜で3位にとどまった昨夏王者の埼玉栄は、まずは複エースの河村/川本がチームを波に乗せ、秦野など力のあるシングルス陣につなげたいところ。ただし、3回戦ではふたば未来学園との対戦が予想され、初日から消耗戦が続きそう。春は栄が勝利を収めたが、ふたば未来は昨年の全中3冠世代が加入。東北大会では団体で準優勝を飾り、全中単王者のルーキー・武井が準優勝。この勝負を制したチームが、夏の栄光に近づきそうだ。

初制覇をねらう柏原は、ジュニアナショナルこそいないが、全日本ジュニア(以下JOC)3位の山下/寺田、高橋を中心に駒をそろえる。優勝をねらった選抜で悔しさを味わって以降、チーム一丸となって努力を重ねてきた力を存分に発揮したい。

そのほか有力なのは、18年ぶりに地元開催を迎える八代東(熊本)。春はベスト8にとどまったが、エースの野田や浦を軸に上位をねらう。「地元の盛り上がりを力に変えて、優勝めざして頑張ります」(野田)と意気込む。

また、単複に柱がある瓊浦(長崎)も頂点をねらえる位置にいる。選抜8強の高岡第一(富山)新田(愛媛)、昨夏3位の日章学園(宮崎)も上位に絡む力がある。

上位常連の八代東は野田統馬(右)/浦隆斗が中心となり、 地元で21年ぶりの団体優勝をめざす

【大会日程】

文/バドミントン・マガジン編集部
写真/川口宏邦


投稿日:2019/07/30
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング