【ジャパンOP】「自分たちの持ち味を信じて、攻撃を貫いていけたら」(永原)<記者会見-2>

BWFワールドツアー「ダイハツ・ヨネックスジャパンOP」(Super750)が7月23日(火)より開幕する。開幕を翌日に控え、出場選手による記者会見が7月22日(月)、都内ホテルにおいて行なわれた。ここでは、女子ダブルスの松本麻佑/永原和可那、混合ダブルスに出場するイングランド代表のマーカス・エリス/ローレン・スミスのコメントを紹介。

永原和可那
「日本の国際大会でプレーできるのは、この大会しかないので、先週(インドネシアOPで)悔しい思いをしたぶん、今大会にかける思いは強いです。一戦一戦自分たちのプレーを出しきれるように、頑張りたいと思います。今日、会場で練習してみても、去年と同じでシャトルスピードが遅いなというように感じていたので、どの試合もラリーが長くなると思います。私たちの持ち味である攻撃がなかなか決まらなくなると思うんですけど、それでも自分たちの持ち味を信じて、攻撃を貫いていけたらと思います」

 

松本麻佑
「オリンピックレースが始まってから、自分たちの満足いくプレーが出せていないので、まずは自分たちと向き合って、相手と戦いにいけるようにしたいと思います。日本のファンの方々に、自分たちのプレーをしっかり見せられるように頑張ります。会場の印象としては、シャトルは飛ばないですが、上から打つ球に関してはシャトルの滞空時間が少し長いかなという印象があり、しっかりシャトルに当たるとスマッシュのスピードは出ていたので、そこは自分たちの持ち味を出していくことが大事なのかなと思います。しっかり体を入れて、シャトルの芯に当てにいくようなプレーをしていきたいです」

マーカス・エリス(左)
「ローレンと一緒に戦っている中で、いい結果もあれば、悪い結果もあります。今回の大会でランキングを上げていきたいと思いますが、1回戦から簡単な試合はないでしょうから、自分たちのベストを尽くしてプレーしたいと思います。今大会は、オリンピックと同時期に開催されるということで、天候や気温などオリンピックに準備する上での参考になると思っています」

ローレン・スミス(右)
「ここ数年トーナメントでプレーしていなかったのですが、今年はマーカスと一緒に数大会に出場しています。自分としては、いい結果を出せているので、今大会でもいい結果が出るように頑張っていきたいと思います。オリンピックと同会場ということで、会場に慣れることができるという意味で選手にとって貴重な経験になるのかなと思います」

 

取材・文・写真/バドミントン・マガジン


投稿日:2019/07/22

人気記事ランキング

閉じる