【日本RC】「自分たちができるプレーを出しきりたい」(加藤)〈準決勝コメントー2〉

28日に開催された『2019年日本ランキングサーキット』(埼玉県さいたま市のサイデン化学アリーナ)4日目は、各種目準決勝が行なわれた。以下は、男女ダブルスと混合ダブルスのピックアップ選手のコメント。

【女子ダブルス】

加藤美幸(右)/柏原みき(ACT SAIKYO)
結果:曽根夏姫/保原彩夏(ヨネックス)に2-1で勝利

加藤 大阪国際チャレンジで負けた相手だったので、リベンジするチャンスが来たという気持ちで、挑戦することができました。しっかり準備して、試合に臨めたのがよかったと思います。明日の決勝は、自分たちができるプレーを出しきりたいと思います。

柏原 今日の試合に関しては、大阪で負けていたというのが大きかったですね。試合に入る前から、どうやって攻撃していくかを話し合って、それを実行できましたし、相手が途中から決め急いできたのがわかったので、自分たちからミスをせずに我慢できたのがよかったかなと思います。ここまで来たからには、やはり優勝したい。ここまで一戦一戦、2人でしっかりプレーできたと思うので、決勝も気持ちを緩めずに、これまで通りのプレーをするだけです。

星千智(右)/松田蒼(日本ユニシス)
結果:福万尚子/横山恵里香(山陰合同銀行)に2-1で勝利

 2回戦、準々決勝と、1ゲーム目を落としてからの逆転勝ち。それを乗り越えてきたので、準決勝も1ゲームを落としたあとにうまく気持ちを切り替えることができたと思います。ファイナルゲームは勝っても負けても最後の1ゲームというつもりで、持ち味の攻撃力を出せるようにプレーして勝ちきれた。3月のポーランドOPで優勝したのは、ただ勢いだけという感じだったと思いますし、まだ2人のベストではないと思いますが、ここまでの結果を個々の自信にしていいと思っています。

松田 1ゲーム目は相手に打ち込まれているイメージだったので、私が前に入って、星に打たせる形をつくることを意識しました。その形が決まり始めたので、ファイナルゲームは心に余裕がありました。明日もまずは自分たちの役割をしっかり果たせるように集中して、自分たちのプレーをしたい。充実した練習ができているので、もっと経験を積んでいきたいです。

【男子ダブルス】

古賀輝(右)/齋藤太一(NTT東日本)
結果:岡村洋輝/小野寺雅之(日本ユニシス/早稲田大)にストレート勝ち

古賀 昨日の準々決勝くらいからやりたいことができていて、調子は悪くないです。3連覇というのは、あまり意識はしていませんが、ただ、優勝するというのは目標にはおいています。そうすれば、結果はあとでついてくると思います。決勝の相手である井上(拓斗)/金子(祐樹)ペアは、かわすプレーや、つなぎがうまいので、簡単にはいかない。しっかり我慢するところは我慢して、攻撃に転じられるようにプレーしていきたいと思います。

齋藤 大会に入る前は、特に調子がいいわけではありませんでしたが、試合を重ねるごとによくなっていき、準々決勝からいいプレーができていると思います。特に、我慢してレシーブがしっかりでき、攻撃につなげられているのがその要因です。決勝で対戦する井上/金子ペアは、サービスまわりがうまく、気付いたら点数を取られているということが多いので、スタートをしっかり意識して、できるだけ上でシャトルをとらえられるようにしていきたい。勝ち負けはあとからついてくるものなので、明日も自分たちのプレーを全力で出していきたいです。

岡村洋輝(右)/小野寺裕介(日本ユニシス)
結果:古賀輝/齋藤太一(NTT東日本)に0-2で敗戦

岡村 相手は同じB代表で、戦い慣れている相手。もっとやれたかなという思いがあります。思った以上に力が入ってしまい、自分たちが向かっていく立場なのに、向かっていけなかった。優勝をねらっていたので、納得できないというか、本当に悔しいです。自分たちは調子に波があるのが課題。できる限りそれをなくしていくことが第一ですし、自分はまだフィジカルも足りていないので、そういうところも鍛えていきたいです。

小野寺 自分たちのパフォーマンスを出しきれなかったことが悔しいです。実力は相手のほうが上なので、自分たちがどれだけチャレンジャーの気持ちでいけるかが大事だったのですが、力を半分も出せていなかった。そこが悔いが残るし、課題です。プレー面では、前衛の自分が少し引いてしまった部分も。そこで守備にまわることが多くなり、パワーのある相手に攻め込まれるパターンになってしまいました。メンタルも技術も含めて、もっと自分が前に出ていけるように頑張ります。

【混合ダブルス】

浦井唯行(左)/宮浦玲奈(丸杉/ヨネックス)
結果:西川裕次郎/尾﨑沙織(NTT東日本)にストレート勝ち

浦井 今日の準決勝、1ゲーム目は落ち着いてできたんですけど、2ゲーム目の中盤から相手の女子が前に入りはじめて、自分が慌ててしまいました。追いつかれそうになったけど、なんとか勝てたかなという感じです。日本代表としてのプレッシャーはありますけど、今大会は、もちろん優勝をめざして臨んでいます。明日の対戦相手は、格上だと思っているので思いきって。勝負所で焦ってしまうので落ち着いて、普段どおりにやりたいです。

宮浦 今日の相手は大阪国際で当たっているので(21-16、21-16で勝利)、事前にビデオを見たり、しっかり準備して入れた試合でした。試合中はラケットが不意に下がってしまうことがあるので、ラケットをしっかり上げてプレーしていくことを意識していました。ミックスは前でどれだけさわれるかで展開が変わるので、男性に打ってもらうためにも、しっかり前でさわっていく意識でやっています。明日の対戦相手の金子(祐樹)さんはA代表で、ミックスでも国際大会に出ている選手。中西(貴映)は同学年で、大学時代は同じリーグでずっと一緒に頑張ってきた相手。自分たちが引いたりしないで、思いきり向かっていきたいです。『令和初優勝』をめざします!

 

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/井出秀人

 

投稿日:2019/05/29

人気記事ランキング