【日本RC】男子は五十嵐と下農、女子は髙橋と水井が決勝へ!<男女シングルス>

5月25日から、サイデン化学アリーナ(埼玉県さいたま市)で開催中の「2019年日本ランキングサーキット」は大会4日目。各種目準決勝が行なわれ、決勝進出者が決まった。男女シングルスのダイジェストと結果、明日の対戦カードをお伝えしよう。

【男子シングルス】

圧巻の試合運びで奈良岡功大(右/浪岡高)を下した五十嵐優(日本ユニシス)。2016年以来の決勝進出を決めた

日本B代表の五十嵐優(日本ユニシス)が、高校生ながら3試合連続2−0で勝ち上がってきた奈良岡功大(浪岡高)に勝利した。試合序盤からスピード全開のラリーを展開する五十嵐と、なめらかなフットワークと柔らかいタッチで対応する奈良岡。スピードと気合と集中力を切らさなかった五十嵐が、第1ゲームを21−12で先取する。2日連続でファイナルゲームを制してきた五十嵐だが、第2ゲームもスピードを緩めず。安定したフットワークで素早くシャトルの下に入り、厳しいコースに正確にエースショットを決めていく。動きのいい奈良岡から何本もノータッチエースを奪い、最後は浅く返ってきたシャトルにラウンドで飛びついてクロススマッシュ。奈良岡が拾いきれず、ゲームオーバーとなった。五十嵐は、大学生だった2016年に優勝して以来の決勝進出。3年ぶりのタイトル獲得をめざす。

A代表の坂井一将(日本ユニシス)をストレートで破り、決勝へ駒を進めた下農走(トナミ運輸)

五十嵐と同じB代表の下農走(トナミ運輸)は、A代表で唯一出場している坂井一将(日本ユニシス)にストレート勝利。序盤から冷静さと積極性を併せ持つプレーでラリーを支配し、コーチ席に座る舛田圭太コーチからは「ナイスコースだ!」の声が飛ぶ。第1ゲームを21−12で奪うと、第2ゲームも落ち着いてシャトルをさばき、チャンスでは豪快にジャンプスマッシュを叩き込む。坂井に流れを渡すことなく21−8で勝利。社会人初タイトルまで、あと1勝に迫った。

「勝たなければいけないというプレッシャーがあった」と坂井一将(日本ユニシス)。ケガからの復帰と、A代表の力を優勝という形で示したかったが、「準決勝は自分から先に攻めていけなかったことが敗因」(坂井)

◆準決勝の結果

下農走(トナミ運輸)②〔21−12、21−8〕0坂井一将(日本ユニシス)
五十嵐優(日本ユニシス)②〔21−12、21−10〕0奈良岡功大(浪岡高)

◆決勝(29日)の組み合わせ

下農走(トナミ運輸) − 五十嵐優(日本ユニシス)

【女子シングルス】

齋藤栞(ACT SAIKYO)をストレートで振りきり、決勝進出を決めた髙橋明日香(ヨネックス)

2017年インターハイで3冠を達成している社会人2年目の髙橋明日香(ヨネックス)が、一昨年準優勝、昨年3位の齋藤栞(ACT SAIKYO)に勝利を収めた。今大会、フィジカルの強さが生み出すパワーとスピードが際立つ髙橋は、準決勝でもその力を発揮。相手を追い込んでスペースを作り、力強いスマッシュを打ち込んでいく。ファイナルゲームの厳しい戦いを2試合連続で制してきた齋藤のねばりを、17本、18本で振りきり、決勝進出を決めた。

ここまで接戦を制してきた齋藤栞(ACT SAIKYO)は、2年ぶりの決勝進出ならず

高校卒1年目の水井ひらり(NTT東日本)は、2回戦でB代表の峰歩美(再春館製薬所)を倒した林樂(ACT SAIKYO)にストレート勝ち。序盤からエンジン全開でスマッシュを打ち込む林に対し、スピード勝負なら水井も負けない。男子シングルスのような打ち合いを制したのは水井。第1ゲームを21−16で奪うと、第2ゲームの折り返しは11−2。スピードとパワーで圧倒した水井は手を緩めることなく、21−5で勝利を収めた。なお、決勝戦の相手である髙橋は、ふたば未来学園の1年先輩。ともに社会人初タイトルをかけて、センターコートで戦う。

◆準決勝の結果

髙橋明日香(ヨネックス)②〔21−17、21−18〕0齋藤栞(ACT SAIKYO)
水井ひらり(NTT東日本)②〔21−16、21−5〕0林樂(ACT SAIKYO)

◆決勝(29日)の組み合わせ

髙橋明日香(ヨネックス) − 水井ひらり(NTT東日本)

明日29日(水)は各種目準勝が行なわれる。混合ダブルス、女子シングルス、男子シングルス、女子ダブルス、男子ダブルスの順番で、10時試合開始予定。

取材・文/平田美穂
写真/井出秀人


投稿日:2019/05/28

人気記事ランキング