【シンガポールOP】前回大会覇者の櫻本&髙畑、準優勝の志田&松山が順当に初戦を突破!<S500>

4月9日に開幕したBWFワールドツアー・シンガポールOP(シンガポール/Super500)は、大会初日に各種目の予選、男女ダブルス1回戦が行なわれた。

男子ダブルスは出場した4ペアが、すべて白星をつかんだ。第3シードで前週マレーシアOP準優勝の園田啓悟/嘉村健士は、1回戦で日本でもプレーする廖敏竣(リャオ・ミンチュン)/蘇敬恒(スー・チンヘン/台湾)と対戦。第1、2ゲームともに15本に封じて2回戦に進出した。井上拓斗/金子祐樹は、前週の大阪国際チャレンジ(IC)で優勝を果たした元世界王者・高成炫(コ・スンヒュン)/申白喆(シン・ベクチョル/韓国)を2−0で退け、保木卓朗/小林優吾も台湾ペアを2−0で下している。なお、遠藤大由/渡辺勇大はタイペアのキケンにより、戦わずして2回戦にコマを進めた。

5ペアが登場した女子ダブルスも、そろって白星発進を決めた。A代表の髙橋礼華/松友美佐紀、福島由紀/廣田彩花、松本麻佑/永原和可那は2−0のストレート勝利。昨年の同大会覇者である櫻本絢子/髙畑祐紀子(写真左)や、同準優勝の志田千陽/松山奈未も、同じく相手ペアに1ゲームも与えずに勝利をもぎとり2回戦進出を決めている。

男子シングルス予選からの登場となった五十嵐優は、予選1回戦を相手の途中キケンで勝ち進んだものの、予選2回戦ではインドのカシャップ・パルパリにファイナル勝負20-22で惜敗し、本戦出場はならなかった。

日本選手の初日の結果、2日目の対戦カードは以下の通り。

【男子ダブルス】

▼1回戦(4月9日)

園田啓悟/嘉村健士②〔21−15、21−15〕0●廖敏竣/蘇敬恒(台湾)36分

遠藤大由/渡辺勇大◯〔キケン〕0●ボディン/マニーポン(タイ)

井上拓斗/金子祐樹②〔21−17、21−15〕0●高成炫/申白喆(韓国)37分

保木卓朗/小林優吾②〔21−18、21−16〕0●盧敬堯/楊博涵(台湾)37分

【女子ダブルス】

▼1回戦(4月9日)

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−15、21−19〕0●ハリス/クスマ(インドネシア)36分

福島由紀/廣田彩花②〔21−7、21−17〕0●アワンダ/ベルナデッド(インドネシア)41分

松本麻佑/永原和可那②〔21−6、21−5〕0●ナチャパファ/サニチャ(タイ)22分

櫻本絢子/髙畑祐紀子②〔21−18、21−15〕0●陳露/徐涯(中国)41分

志田千陽/松山奈未②〔23−21、21−16〕0●チャヤニット/パタイマス(タイ)45分

快勝で1回戦を突破した福島由紀/廣田彩花(左)
第2ゲームは19本に迫られたものの、1回戦を突破した髙橋礼華/松友美佐紀(左)

【男子シングルス】

▼予選1回戦(4月9日)

五十嵐優◯〔19−21、21−14、3−4、途中キケン〕●ソニー・ドゥイ・クンチョロ(インドネシア)46分

▼予選2回戦

五十嵐優●1〔21−15、16−21、20−22〕②カシャップ・パルパリ(インド)59分

▼1回戦(4月10日)

桃田賢斗 − サイプラニース・B.(インド)

西本拳太 − ダレン・リュー(マレーシア)

常山幹太 − H・K・S・ヴィテンフス(デンマーク)

【女子シングルス】

▼1回戦(4月10日)

奥原希望 − エフゲニア・コステツカヤ(ロシア)

山口茜 − 大堀彩

髙橋沙也加 − 李雪芮(中国)

【混合ダブルス】

▼1回戦(4月10日)

渡辺勇大/東野有紗 − タンKM/ライPJ(マレーシア)

権藤公平/栗原文音 − クウェック/チトラ(シンガポール)

金子祐樹/松友美佐紀 − クリスナンタ/タンWH(シンガポール)

保木卓朗/永原和可那 − 鄭思維/黄雅瓊(中国)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/04/09
■関連キーワード

            

人気記事ランキング