【高校選抜2019】埼玉栄がライバルを連破して大会2連覇!<女子団体>

第47回全国高校選抜大会」の競技2日目、25日(月)は、ひたちなか市総合体育館で男女団体の準々決勝~決勝戦が行なわれた。その結果、男子は浪岡(青森)が初優勝、女子は埼玉栄(埼玉)が連覇を達成している。ここでは、女子団体のダイジェストをお伝えしよう。

春の連覇を達成した埼玉栄。優勝を決めた主将の宮﨑(手前)に選手たちが駆け寄った

【女子ダイジェスト】

最初に行なわれた準々決勝4試合では、実力校が力を発揮した。昨年のIHチャンピオン・ふたば未来学園(福島)と同2位の青森山田(青森)、そして昨年の選抜王者・埼玉栄がいずれも3-1で勝利して準決勝進出。また、聖ウルスラ学院英智(宮城)は八代白百合学園(熊本)に3−0で快勝してベスト4へと駒を進めた。

準決勝では、ふたば未来は第2複の染谷菜々美/千葉美采こそ聖ウルスラの宮下澪奈/宮下彩奈に敗れたものの、3−1で勝って着実に決勝へと駒を進める。一方で、準決勝もう1試合の埼玉栄と青森山田の対決は激戦に。青森山田の髙橋美優/加藤佑奈と、埼玉栄の鈴木陽向/大澤佳歩という両チームのエースダブルスが星を奪い合って勝負はシングルスに。そのシングルスでも第1単を埼玉栄が奪えば、第2単では青森山田が勝利するなど一進一退。その勝負に決着をつけたのは、埼玉栄の大澤だった。ダブルスに続いて出場した大澤は、高橋沙弥をファイナル10本で退けて、決勝進出を決めた。

昨年のインターハイと選抜の優勝校同士の激突となった決勝戦。激しい戦いが予想されたが、試合は埼玉栄が圧倒した。3面展開で試合がスタートするなか、最初に勝負を決めたのが埼玉栄の第2複・本田胡桃/八角実侑。染谷/千葉を相手にストレート勝ちを収めると、第1複の鈴木/大澤もふたば未来の内山智尋/廣上瑠依とのエース対決をファイナル10本で制して埼玉栄が優勝に王手をかける。そして、最後は埼玉栄の主将・宮﨑淳美が、追い上げる木村百伽をファイナル15本で振りきると、ベンチからは選手が駆け寄り、埼玉栄が2年連続の歓喜に沸いた。

決勝戦のふたば未来学園戦でエースダブルス対決を制して優勝を引き寄せた鈴木(奥)/大澤
決勝では敗れたものの、ふたば未来学園の内山(右)/廣上はチームをけん引する活躍を見せた

【優勝コメント】

◆滝内亮 監督

「決勝戦を3-0で勝てたのは出来すぎかと思いますね。戦力的には準決勝で対戦した青森山田や、決勝のふたば未来学園のほうが上かと思っていましたが、自分たちにもチャンスがない訳ではない。そのなかで一人ひとりが頑張ってくれて、全員でつかめた勝利だったのではないかと思います」

◆宮﨑淳美キャプテン

「決勝戦はダブルス2つが取ってくれると信じていたので、負けるわけにはいかないと思って、相手よりも声を出して向かっていくことを心がけていました。優勝を決めた瞬間は、すごくうれしかったです。でもこの優勝で気を抜かずに、夏のインターハイのほうが厳しい戦いになると思うので、みんなで一から練習を頑張っていきたいと思います」

埼玉栄の優勝は2年連続4度目
昨夏の覇者・ふたば未来学園は準優勝

【25日の試合結果】

▼準々決勝
ふたば未来学園(福島) 3−1 四天王寺(大阪)
聖ウルスラ学院英智(宮城) 3−0 八代白百合学園(熊本)
埼玉栄(埼玉) 3−1 柳井商工(山口)
青森山田(青森) 3−1 常総学院(茨城)

▼準決勝
ふたば未来学園 3−1 聖ウルスラ学院英智
埼玉栄 3−2 青森山田

▼決勝
埼玉栄 3−0 ふたば未来学園
鈴木陽向/大澤佳歩②〔23−25、21−15、21−10〕1●内山智尋/廣上瑠依
本田胡桃/八角実侑②〔21−16、24−22〕0●染谷菜々美/千葉美采
宮﨑淳美②〔21−16、14−21、21−15〕1●木村百伽

★高校選抜2019の熱戦の模様は、4月22日(月)発売予定の『バドミントン・マガジン』5月号でも紹介します。

★ヨネックス『STB』プレゼントキャンペーン実施中!

応募方法はこちら

取材・文/吉井信行 写真/菅原 淳


投稿日:2019/03/25
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング