【アジア混合団体戦】2連覇をめざす日本がインドネシアを下して決勝進出!<準決勝>

3月23日に開催されたアジア混合団体戦(トン・ユンカイカップ・香港)は、決勝トーナメント・準決勝が行なわれた。予選リーグを1位通過した日本は、準々決勝でマレーシアを3−0で破り準決勝へ。決勝をかけてインドネシアと対戦した。

第1試合の男子ダブルスに起用されたのは、準々決勝で白星を手にしている保木卓朗/小林優吾。第1ゲームを21-11で先制した保木/小林は、続く第2ゲームも21-18に抑えて勝利をつかむと、バトンを受けた女子シングルスの髙橋沙也加も2−0で勝利。あと1勝で決勝の切符が手に入る場面では、男子シングルスの常山幹太が、第1ゲームを失う状況から第2、3ゲームを奪い返して逆転勝ち。3−0でインドネシアを退けた日本が、決勝進出を決めている。

男子シングルスをファイナル勝負の末に勝利した常山幹太

前回大会では、決勝戦で韓国を破り優勝を飾っている日本。2連覇をかけて、今回の決勝では中国と対戦する。

▼決勝トーナメント・準決勝

日本 3−0 インドネシア

MD保木卓朗/小林優吾②〔21−11、21−18〕0●プトラ/グタマ32分

WD髙橋沙也加②〔21−15、21−15〕0●ルセリー・ハルタワン36分

MS常山幹太②〔15−21、21−17、21−16〕1●S・H・ルフスタビト75分

中国 3−0 香港

▼決勝

日本 − 中国

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/Getty Images


投稿日:2019/03/24
■関連キーワード

         

人気記事ランキング

閉じる