【世界ランキング】桃田賢斗が首位をキープ!奥原希望は再び2位に浮上!<男女シングルス>

2月19日、BWF(世界バドミントン連盟)が発表する世界ランキングが更新された。上位大会がないため大きな順位変動はなかったが、日本勢が少しずつ順位を上げている。ここでは男女シングルスのランキングを紹介しよう。

【男子シングルス】

今季はインドネシアマスターズ(Super500)準優勝が最高となる桃田賢斗だが、相変わらず10万ポイント超えをキープして、世界ランク首位を独走。昨年のWTツアーファイナルズ優勝の石宇奇(シー・ユーチー/中国)が2位とし、3位以下は周天成(チョウ・ティエンチェン/台湾)、諶龍(チェン・ロン/中国)、孫完虎(ソン・ワンホ/韓国)とアジア勢が続く。ヨーロッパ選手としてトップ10に唯一名前が入るビクター・アクセルセン(デンマーク)は、6位に位置している。

日本勢は、2番手の西本拳太が11位。以下、18位の常山幹太、39位の五十嵐優、40位の坂井一将が後を追う。

男子シングルスの順位はこちら 

【女子シングルス】

戴資穎(タイ・ツーイン/台湾・写真)が1位をキープ。奥原希望が3位から1ランクアップして、再び2位に浮上した。3位は1月のインドネシアマスターズ決勝で右膝前十字じん帯を損傷したキャロリーナ・マリーン(スペイン)。以下、4位の陳雨菲(チェン・ユーフェイ/中国)、日本勢2番手の山口茜が5位、そしてWTファイナル優勝のプサルラ・V.シンドゥ(インド)と6位と続く。

日本勢の3番手は髙橋沙也加は先週、11位から10位に順位を上げており、ベスト10に日本人が3人も入った。さらに20位台には、大堀彩(21位)、三谷美菜津(25位)、佐藤冴香(29位)がランクインしている。

マレーシア、インドネシアで上位進出とはならなかった奥原希望だが、世界ランキングでは再び2位に浮上

女子シングルスの順位はこちら 

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/02/22
■関連キーワード

               

人気記事ランキング

閉じる