【S/Jリーグ2018順位決定戦】三菱自動車京都が過去最高の5位!最下位争いは金沢学院が勝利し残留決定!<男子>

2月16日に『JTB S/Jリーグ2018』5〜10位の順位決定戦が、埼玉県草加市スポーツ健康都市記念体育館で行なわれた。Sブロック・Jブロックの同じ順位のチームが対戦するこの決定戦は、次回S/Jリーグのブロック分けにも関係する一戦。また、9〜10位決定戦の敗者チームは、S/JリーグⅡ優勝チームとの入替戦に臨まなければならず、互いに譲れない好勝負となった。ここでは、男子の順位決定戦の結果をお伝えしよう。

男子TOP4はこちら

女子TOP4はこちら

【男子・順位決定戦】

▼5・6位決定戦(各ブロック3位同士)

ともに各ブロックで2勝をあげているJTEKTと三菱自動車京都の対戦。第1ダブルスは三菱の林谷理貴(写真右)/内田裕太郎が、JTEKTの内定選手・市川和洋/馬屋原大樹を第1ゲーム17本に抑えて先制。第2ゲームも積極的にドライブ勝負で攻め込む市川/馬屋原に対し、うまくかわしながらポイントを重ねた林谷/内田が再び21-17で奪い、三菱が第1ダブルスをモノにした。

シングルスはSブロックのリーグ戦で3勝をあげている三菱エース・常山明良(写真)が、JTEKTの松村健太と接戦に。第1ゲームから20オールの競り合いとなり、このゲームを常山が制した。続く第2ゲームはJTEKTの松村が19本で奪い返すと、勝負の行方はファイナルゲームへ。勝って第2ダブルスに持ち込みたい松村だったが、ファイナルゲームは常山ペース。持久戦を得意とする常山が相手の強打を根気強く拾って先行すると、最後は21-15で勝利。三菱自動車京都がJTEKTを2−0で下し、今季の順位をS/Jリーグ過去最高の5位とした。一方、敗れたJTEKTも、初参戦のS/Jで6位の成績を残している。

JTEKTの松村は積極的にアタックを仕掛けたが、終盤で常山を崩しきれずに1−2で敗れた

三菱自動車京都2−1JTEKT

林谷理貴/内田裕太郎②〔21−17、21−17〕0●市川和洋/馬屋原大樹

常山明良②〔23−21、19−21、21−15〕1●松村健太

疋田聖也/西谷春樹(試合なし)宮島航太郎/小林晃

▼7・8位決定戦(各ブロック4位同士)

リーグ戦で1勝3敗同士の対決となった東北マークスとJR北海道の戦いは、東北マークスが2−0で勝利を飾った。

第1ダブルスは、Jブロック・リーグ戦で2勝をあげている鈴木太裕/三浦光將(写真右)が、JR北海道の牧野公亮/渡部大と対戦。今季で引退となる牧野は、渡部とともに第1ゲームを奪ってみせたが、第2ゲームは攻撃のリズムをつかみ出した鈴木/三浦が奪い返してファイナルゲームへ。最終ゲームも競り合いから抜け出した鈴木/三浦が21-17で制し、東北マークスが先行する。

シングルスは東北マークスが菊地裕太(写真)、JR北海道は塚本光希が起用されると、ここでもファイナル勝負に突入。勝って第2ダブルスにつなぎたいJR北海道の塚本だったが、後半になっても集中力を切らさなかった菊地が果敢に攻め込み21-18で勝利。東北マークスが2−0でJR北海道を抑え7位を確保。JR北海道は8位の順位で今季を終えている。

JR北海道・塚本光希はファイナル勝負となった戦いでリードする場面もあったが、最後は相手の勢いに押され無念の敗戦

東北マークス2−0JR北海道

鈴木太裕/三浦光將②〔15−21、21−18、21−17〕1●牧野公亮/渡部大

菊地裕太②〔15−21、21−13、21−18〕1●塚本光希

伊佐勇希/佐伯健人(試合なし)髙島雅彦/東野圭悟

▼9・10位決定戦(各ブロック5位同士)

勝てばS/Jリーグ残留、負ければ入替戦行きとなる9・10位決定戦。もっとも緊迫する勝負は午前の部に行なわれ、各ブロックで白星をつかめなかったトリッキーパンダースと金沢学院クラブが激突した。

第1ダブルスは、前半に攻撃の形を作った荒井大輝/蘇敬恒(写真右/スー・チンヘン)が、21-12で第1ゲームを先制。第2ゲームはようやく本領を発揮し始めたリャオ・ミンチュン/米田健司が21-13でモノにし、1−1でファイナルゲームへ。お互いに譲らぬ戦いは最後の最後までもつれ、スコアも20オールに。ここで負ければ入替戦が近づく勝負を制したのは、金沢学院の荒井/蘇。土壇場で集中力を発揮して、22-20で白星をつかんだ。

シングルスはトリパンの福田春樹が、安定したプレーで金沢学院の渡邊黎を2−0で封じ、過酷な争いは最後の第2ダブルスに託される。緊張感が漂う中で第1ゲームがスタートすると、貴重な先制をつかんだのが金沢学院の内定選手・中田政秀(中央大)/川原祥人(龍谷大・写真右)。なかなかリズムがつかめないトリパンの井谷和弥/藤井一貴に対し、主導権をしっかり握った中田/川原が21-13でモノにする。

第2ゲームに入ると、井谷/藤井がスピードを上げて対抗するも、先にマッチポイントをつかんだ金沢学院ペア。最後は、ねばる相手を振りきって21-19で勝利。2−1で順位決定戦を制した金沢学院クラブが9位。トリッキーパンダースは無念の10位となり、2月24日(日)に行なわれる入替戦で、S/JリーグⅡ優勝の東海興業と対戦することが決まった。

トリッキーパンダースはシングルスの福田春樹が白星をつかむも、最後で踏ん張りきれずチームは1−2で敗戦

▼9・10位決定戦

金沢学院クラブ2−1トリッキーパンダース

荒井大輝/蘇敬恒②〔21−12、13−21、22−20〕1●リャオ・ミンチュン/米田健司

渡邊黎●0〔14−21、17−21〕②福田春樹

中田政秀/川原祥人②〔21−13、21−19〕0●井谷和弥/藤井一貴

◆S/Jリーグ順位(5位〜10位まで)

5位 三菱自動車京都

6位 JTEKT

7位 東北マークス

8位 JR北海道

9位 金沢学院クラブ

10位 トリッキーパンダース

※2月16日現在

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/幡原裕治


投稿日:2019/02/16
■関連キーワード

         

人気記事ランキング