【S/Jリーグ2018】NTT東日本が3−0でヨネックスに勝利!ACT、合銀も初白星!<女子>

2月3日に開催された『JTB S/Jリーグ2018』は、岩手県盛岡市、埼玉県草加市、山口県防府市の3会場で行なわれた。ここでは女子3試合の結果を、ダイジェストでお伝えしよう。

【盛岡大会・Jブロック】

2試合を終えて勝ち星なしの山陰合同銀行は、1勝1敗の七十七銀行と対戦した。第1ダブルスはチームの主軸である久後あすみ/横山めぐみが、七十七銀行の内定ペア・毛利未佳(龍谷大)/重信萌夏(関西学院大)をファイナル勝負の末に下して先制。続くシングルスは、日本B代表の漆﨑真子が、七十七銀行の杉野文保をこちらもファイナルゲームで退けて勝利をつかんだ。山陰合同銀行は第2ダブルスで敗れたものの、七十七銀行を2−1で下して今季初勝利を飾った。

山陰合同銀行(1勝2敗) 2−1 七十七銀行(1勝2敗)

1D久後あすみ/横山めぐみ②〔22−24、21−15、21−15〕1●毛利未佳/重信萌夏

S 漆﨑真子②〔18−21、21−16、21−7〕1●杉野文保

2D横山恵里香/樽野恵●0〔12−21、15−21〕②河崎綾佳/嶺井優希

【草加大会・Sブロック】

S/Jリーグ2018

リーグ2連勝のヨネックスと、1勝1敗のNTT東日本が激突。上位進出のためにはどちらも負けられない好カードの第1ダブルス、先制ポイントを手にしたのはNTT東日本の新玉美郷/渡邉あかね(右)。日本代表の櫻本絢子/髙畑祐紀子に対して第1ゲームこそ奪われたが、第2ゲームは21-18、最終ゲームは21-19でモノにして貴重な勝利をつかむ。一方、エースダブルスの敗戦で苦しい状況となったヨネックスは、シングルスに佐藤冴香を起用。NTT東日本は若手の大家夏稀で勝負に出ると、第1ゲームは互いに譲らぬ接戦となり、29-27で大家が制した。第2ゲームは大家がリードを奪って勝利に近づくも、終盤に佐藤が負傷し途中キケン。これにより、NTT東日本の勝利が確定すると、第2ダブルスも尾﨑沙織/川島里羅が白星をつかみ、チームは3−0で勝利を飾った。混戦のSブロックは、NTT東日本とヨネックスが2勝1敗で並んでいる。

NTT東日本(2勝1敗)3−0 ヨネックス(2勝1敗)

1D新玉美郷/渡邉あかね②〔18−21、21−18、21−19〕1●櫻本絢子/髙畑祐紀子

S 大家夏稀◯〔29−27、20−17、キケン〕●佐藤冴香

2D尾﨑沙織/川島里羅②〔14−21、21−16、21−15〕1●保原彩夏/曽根夏姫

S/Jリーグ2018
元日本A代表の佐藤から第1ゲームを奪ったNTT東日本の大家夏稀。相手の途中棄権による勝利となったが、第2ゲームもリードを奪った
S/Jリーグ2018
チームの勝利は確定していたものの、第2ダブルスをきっちり制した尾﨑沙織(左)/川島里羅
S/Jリーグ2018
ヨネックスの櫻本絢子/髙畑祐紀子(左)は、新玉/渡邉とのエース対決で苦杯

【防府大会・Sブロック】

地元山口で今季初勝利をねらったACT SAIKYOは、3連敗中の岐阜トリッキーパンダースと対戦した。第1ダブルスは、ACT SAIKYOの川島美南/齋藤夏(内定・埼玉栄高)が、ベテランの末綱聡子/程文欣を2−0で撃破。これで勢いに乗ったACT SAIKYOは、シングルスエースの齋藤栞が2−0のストレート勝利を飾り、チームにリーグ初白星をもたらした。第2ダブルスは岐阜トリパンのエース・福島由紀/廣田彩花が貫禄の勝利をみせたが、チームは無念の4連敗。リーグ戦の試合をすべて消化した岐阜トリパンは、2月16日に開催される順位決定戦でS/Jリーグ残留をかけた戦いに臨む。

ACT SAIKYO(1勝2敗)2−1 岐阜トリッキーパンダース(4敗)

1D川島美南/齋藤夏②〔21−14、21−11〕0●末綱聡子/程文欣

S 齋藤栞②〔21−9、21−13〕0●川添麻衣子

2D柏原みき/加藤美幸●0〔12−21、6−21〕②福島由紀/廣田彩花

S/Jリーグ2018

◆Sブロック勝敗

日本ユニシス(3勝0敗)

ヨネックス (2勝1敗)

NTT東日本(2勝1敗)

ACT SAIKYO(1勝2敗)

岐阜トリッキーパンダース(0勝4敗)

◆Jブロック勝敗

北都銀行 (2勝1敗)

再春館製薬所 (2勝0敗)

七十七銀行(1勝2敗)

日立化成(1勝2敗)

山陰合同銀行 (1勝2敗)

※2月3日時点の成績

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳(草加大会)


投稿日:2019/02/04

人気記事ランキング

閉じる