【マレーシアM】渡辺&東野、保木&永原らが白星発進!<S500>

日本A代表の2019年の初陣となるBWFワールドツアー・マレーシアマスターズ(Super500/クアラルンプール)が、1月15日に開幕した。初日は各種目予選と、混合ダブルスの1回戦が行なわれた。

マレーシアマスターズ2019

混合ダブルスは12試合が実施され、日本代表は4ペアが登場した。世界ランク3位の渡辺勇大/東野有紗(左)は、アイルランドペアと対戦。第1ゲームを奪った渡辺/東野だが、第2ゲームを15-21で落とし、勝負の行方はファイナルゲームへ。先に抜け出した渡辺/東野が13-5とリードしたが、相手の猛追にあって15オール。ここからお互いにポイントをつかんだが、再びリードした渡辺/東野が最後は21-17で押し切り勝利。2回戦に進出した。

金子祐樹/松友美佐紀、保木卓朗/永原和可那も白星を奪って初戦を突破したが、今年から日本A代表に昇格した権藤公平/栗原文音は、イングランドペアに53分のファイナルゲームの末に敗れ、Super500での初勝利を手にすることはできなかった。

日本選手の結果、16日の試合予定は以下の通り。

【混合ダブルス】

▼1回戦(1月15日)

金子祐樹/松友美佐紀②〔21−18、21−12〕0●チェン・タンジェ/イェン・ウェイペク(マレーシア)28分

権藤公平/栗原文音●1〔17−21、21−13、15−21〕②ラーン/ピーフ(イングランド)53分

保木卓朗/永原和可那②〔21−9、19−21、21−17〕1●リバルディ/メンタリ(インドネシア)52分

渡辺勇大/東野有紗②〔21−15、15−21、21−17〕1●S・マギー/C・マギー(アイルランド)59分

マレーシアマスターズ2019
権藤公平(右)/栗原文音は最終ゲーム13-15から相手に振り切られて勝ち星を逃した

【男子シングルス】

▼1回戦(1月16日)

桃田賢斗 − 西本拳太

坂井一将 − ビクター・アクセルセン(デンマーク)

常山幹太 − H・K・S・ヴィテンフス(デンマーク)

【女子シングルス】

▼1回戦(1月16日)

山口茜 − ゴー・ジンウェイ(マレーシア)

奥原希望 − 髙橋沙也加

大堀彩 − キム・ガウン(韓国)

【男子ダブルス】

▼1回戦(1月16日)

井上拓斗/金子祐樹 − コールディング/ノール(デンマーク)

遠藤大由/渡辺勇大 − 催率圭/徐承宰(韓国)

保木卓朗/小林優吾 − ボー/モーゲンセン(デンマーク)

園田啓悟/嘉村健士 − 盧敬堯/楊博涵(台湾)

【女子ダブルス】

▼1回戦(1月16日)

福島由紀/廣田彩花 − ボロトワ/デフレトワ(ロシア)

松本麻佑/永原和可那 − スミス/バーチ(イングランド)

櫻本絢子/髙畑祐紀子 − チョウMK/リーMY(マレーシア)

米元小春/田中志穂 − イスタラニ/プラディプタ(インドネシア)

髙橋礼華/松友美佐紀 − チェオンACY/リムCS(マレーシア)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/01/15

人気記事ランキング

閉じる