【全国小学生】大石夢陽が優勝候補を破り日本一! ダブルスは縣/藤井が元気にV<女子個人4年生以下>

12月24日に開幕した第27回全国小学生選手権は28日、東京都のエスフォルタアリーナ八王子で個人戦が実施された。4・5・6年生以下男女シングルス・ダブルスの準々決勝から決勝が行なわれ、各種目でチャンピオンが誕生した。

ここでは、4年生以下の女子シングルス・ダブルスの優勝者コメントと上位結果を紹介しよう。

【4年生以下・女子シングルス】

全小2018

★Vコメント

大石夢陽(山家ウイングス・福岡)

「この優勝で、私を支えてくれたり、応援してくれたみんなに感謝の気持ちを伝えられたかなと思います。決勝は緊張したけど、コートに入ってからは集中してできました。ミスをしても冷静にできたし、自分の最高のプレーができたと思います」

■結果(28日)

全小2018

▼準々決勝

溝尾花奈(日高地区少年団・南北海道) 2-0 沼田弥乘(南郷キューピット・大阪)

畠山想来(ハイタッチジュニア・岩手) 2-0 鈴木彩乃(桜川Jr.・茨城)

橋村妃翔(小平ジュニア・東京) 2-1 河村実里(志木ジュニア・埼玉)

大石夢陽(山家ウイングス・福岡) 2-1 木全希羽(岐南ジュニアB.C・岐阜)

▼準決勝

溝尾花奈 2-1 畠山想来

大石夢陽 2-0 橋村妃翔

▼決勝

大石夢陽②〔21−18、21−18〕0●溝尾花奈

【4年生以下・女子ダブルス】

全小2018

★Vコメント

縣明日香(右)/藤井詩(はりーあっぷジュニア・愛知)

「とてつもなくうれしいです! 2人でスマッシュをバンバン打てたところがよかったです。すごく楽しかった。来年も、もう1回優勝できるように頑張りたいです!」

藤井「優勝できて、めっちゃくちゃうれしいです! すごく攻めることができたのがよかったと思います。自分たちのいいところは、声が大きくて元気なところ。決勝は楽しかったです!」

■結果(28日)

全小2018

▼準々決勝

曽我部柚羽/篠原多輝(中萩JBC・愛媛) 2-1 向江悠伽/金生七海(COLORS・福岡)

縣明日香/藤井詩(はりーあっぷジュニア・愛知) 2-1 佐藤玲/渡辺暖花(阿賀野ジュニア・新潟)

山北莉緒/長谷川葉月(鶴ヶ島Angels・埼玉) 2-0 稲田結月/渡邉柚乃(PEACEジュニア・岡山)

工藤葵/工藤和奏(矢上小クラブ・長崎) 2-0 木村ひなの/鈴木愛香(宮城・横倉ジュニア)

▼準決勝

縣明日香/藤井詩 2-0 曽我部柚羽/篠原多輝

工藤葵/工藤和奏 2-0 山北莉緒/長谷川葉月

▼決勝

縣明日香/藤井詩②〔21−12、19−21、21−10〕1●工藤葵/工藤和奏

※表彰写真は1位~3位のペア。長崎の工藤葵/工藤和奏ペアは都合により表彰式に参加できず

★全国小学生選手権の熱戦の模様は、1月22日(火)発売予定の『バドミントン・マガジン』2月号でも紹介します!

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳


投稿日:2018/12/29
■関連キーワード

      

人気記事ランキング