【S/Jリーグ2018】優勝候補が苦しみながらも白星発進!<女子・Jブロック>

12月8日、バドミントン国内最高峰の団体リ−グ戦「JTB バドミントンS/Jリーグ」が、富山県・高岡市民体育館で開幕した。

今季からS/Jリ−グは男女ともに2チームが増えて各10チームとなり、2つのブロックに分かれてリーグ戦を争う。Sブロック、Jブロックの上位チーム2チ−ムが順位決定戦である「TOP4」に進出し、S/Jリ−グ王者を決定する。また、3位以下のチームによる順位決定戦も実施され、最下位チームは11月に行なわれたS/JリーグⅡの優勝チーム(男子:東海興業、女子:広島ガス)と入替戦に臨むことになる。開幕節となった高岡大会は土日の2日間にわたって開催。初日は男女ともに4試合が行なわれた。ここでは、女子Sブロックの熱戦をレポートする。

S/Jリーグ2018

Jブロックでは、昨季2位の北都銀行と6位の山陰合同銀行が対戦。初優勝へ向けて勢いをつけたい北都銀行だったが、第1ダブルスでは米元小春/田中志穂が、山陰合同銀行のエース・久後あすみ/横山めぐみに苦しめられた。米元/田中は第2ゲームを競り合いの末に落とすと、ファイナルゲームも大接戦に。ここは米元/田中が21−19で競り勝ったが、チームに勢いをもたらす快勝とはならず。そして、シングルスでは先週の全日本総合でベスト4に入った山陰合同銀行の漆﨑真子が、川上紗恵奈にストレート勝ち。北都銀行は第2複で松本麻佑(写真右)/永原和可那が勝ってチームは勝利したが、優勝候補が開幕戦から思わぬ苦戦を強いられた。

S/Jリーグ2018

女子Jブロックの2試合目は、再春館製薬所と日立化成が対戦した。優勝経験のある再春館に、トップカテゴリー初昇格の日立化成が挑む形となったこの試合。再春館は第1ダブルスに複エースの志田千陽/松山奈未を出場させ、篠田未来/石橋麻美子をストレートで下して先勝する。しかし、再春館は単で出場した仲井由希乃が舟橋佳歩に15本、17本のストレート負けを喫し、勝負は第2複へと持ち込まれた。

再春館はこの日、ダブルスに出場した山口茜(写真左)と小野菜保のペアが、国際大会でも経験を積む本田恵利奈/清水望にストレート勝ちしてなんとか白星を得たが、Jブロック1試合目に続き、ここでも優勝候補が苦戦を強いられた。

再春館製薬所・池田雄一監督

「シングルスの仲井由希乃はここ最近の状態がよかったので、自信を持って起用しましたが、団体戦のプレッシャーなのか、硬くなりましたね。ただ、山口茜と組んだ小野菜保が成長を見せてくれました。山口もカバー力が高く、ダブルス陣に入っても遜色ないので、パートナーはやりやすいと思います。今日のメンバーは、すべて22歳以下。たとえば峰歩美を使えば安定感はありますが、強いチームを継続していくには、若い選手の底上げも必要。それにはリスクもとらないといけません」

▼Jブロック試合結果

北都銀行(1勝) 2−1 山陰合同銀行(1敗)

米元小春/田中志穂②〔21−15、19−21、21−19〕1●久後あすみ/横山めぐみ

川上紗恵奈●0〔18−21、15−21〕②漆﨑真子

永原和可那/松本麻佑②〔21−13、21−11〕0●横山恵里香/樽野恵

 

再春館製薬所(1勝) 2−1 日立化成(1敗)

志田千陽/松山奈未②〔22−20、21−15〕0●篠田未来/石橋麻美子

仲井由希乃●0〔15−21、17−21〕②舟橋佳歩

小野菜保/山口茜②〔21−19、21−12〕0●本田恵利奈/清水望

取材・文/吉井信行、楊順行(監督コメント)

写真/江見洋子、菅原淳


投稿日:2018/12/09

人気記事ランキング