バトミントンTOP海外ニュース主要国際大会 ≫ 【大会情報】2022年世界選手権の東京開催が決定!

【大会情報】2022年世界選手権の東京開催が決定!

BWF(世界バドミントン連盟)は11月29日、2019年から2025年までの主要大会の開催地を発表した。正式決定した開催地は以下の通り。

■世界選手権

2021年/スペイン 都市:未定

2022年/日本 都市:東京

2023年/デンマーク 都市:コペンハーゲン

2025年/フランス 都市:パリ

※2024年はパリ五輪のため実施せず

■トマス杯&ユーバー杯

2020年/デンマーク 都市:オーフス

2022年/タイ 都市:バンコク

2024年/中国 都市:未定

■スディルマン杯

2021年/中国 都市:未定

2023年/インド 都市:ニューデリー

2025年/中国 都市:未定

※2019年は中国・南寧で開催

■世界ジュニア

2019年/ロシア 都市:カザン

2020年/ニュージーランド 都市:オークランド

2021年/中国 都市:未定

2022年/スペイン 都市:未定

2023年/アメリカ 都市:ホノルル

■世界シニア

2021年/スペイン 都市:未定

2023年/韓国 都市:ソウル

2025年/ニュージーランド 都市:オークランド

2022年世界選手権の開催地に立候補していた日本は、同日に行なわれたBWFの理事会(マレーシア・クアラルンプール)で招致へのプレゼンテーションを行ない、その結果、東京で開催することが正式に決まった。世界選手権の開催にあたって、日本は2019年世界選手権にも立候補していたが、招致に失敗。スイス(バーゼル)で行われることが決定している。今回は東京オリンピック後の開催となるが、日本にとって世界選手権の開催は初めて。2000年以降、日本で開催されたビッグイベントでは2006年トマス杯&ユーバー杯(東京・仙台)、2012年世界ジュニア(千葉)に続き3大会目となる。

世界選手権
2018年の世界選手権は中国・南京で開催。来年はスイス・バーゼルで開催される

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/北川外志廣


投稿日:2018/11/30
■関連キーワード