【インカレ】圧倒的な強さで早稲田大が2連覇!<男子団体>

10月13日に開幕した第69回全日本学生選手権(京都・ハンナリーズアリーナ)は14日、大会2日目を迎えて男女団体戦の準決勝と決勝が行なわれた。ここでは、男子団体のダイジェストをお伝えしよう。

【男子団体】

男子団体は、昨年の覇者・早稲田大が圧倒的な強さを見せた。ここまで3-0のストレート勝ちを重ねてきた早稲田大はこの日まず、準決勝で日本大と対戦。2面展開で試合がスタートするなか、第1単では早稲田大のルーキー・大林拓真が猪熊心太朗に9本、12本で勝利。第2単は、昨年のインカレ単王者・古賀穂が藤井湧也に14本、11本と完勝して決勝進出へ王手をかけた。すると第1複では、単に続いての出場となった大林と、2年生・小野寺雅之のペアが、日本大の小倉由嵩/三橋健也にストレート勝ち。強敵・日本大にも3-0と快勝した早稲田大が決勝へと駒を進めた。

大林拓真(左)/小野寺雅之
早稲田大の小野寺雅之(右)/大林拓真

もう一つの準決勝は、法政大と筑波大が対戦。法政大は第1シングルスこそ落としたが、第2シングルスを担った主将の桐田和樹が白星をつかんでスコアを1-1とすると、ダブルスの小森園隆平/野村拓海、山澤直貴/藤原圭祐が連勝して逆転勝ち。第3単に回さず3-1で決着をつけた。

法政大のエース・桐田和樹
法政大のエース・桐田和樹

早稲田大と法政大の対戦となった決勝戦。試合は準決勝と同じく2面展開で行なわれた。そして、ここでも先勝したのは早稲田大だった。第2単に出場したエースの古賀は、法政大の嶺岸洸に対して試合の主導権を一切渡すことのない完璧な試合運びを披露。9本、7本の快勝でチームに流れを呼び込むと、第1単で法政大の桐田と対戦していた小野寺もファイナル勝負を制して、早稲田大は連覇まであと1勝とした。こうなると、勢いは止まらない。第1複の小野寺/大林は小森園/野村から第1ゲームを15本で奪い、第2ゲームは18本で勝利。決勝も3-0のストレート勝ちで優勝を果たした早稲田大は、2年連続の歓喜に沸いた。

◆優勝校主将コメント

早稲田大・古賀穂

「自分が主将になってから、インカレでの優勝が目標だったので、それを達成できてすごくうれしいです。(全部3-0での勝利だが)1回戦から楽な試合はありませんでした。応援やサポートなどで支えてくれた選手以外の人たちも自分のやるべきことをやって、チーム一丸となって戦えたことが強みだったと思います」

2連覇を果たした早稲田大
2連覇を果たした早稲田大

【男子団体・結果】(14日)

▼準決勝

早稲田大 3-0 日本大

法政大 3-1 筑波大

▼決勝

早稲田大 3-0 法政大

小野寺雅之②〔19−21、21−17、21−8〕1●桐田和樹

古賀 穂②〔21−9、21−7〕0●嶺岸 洸

小野寺雅之/大林拓真②〔21−15、21−18〕0●小森園隆平/野村拓海

 

取材・文/吉井信行

写真/江見洋子

 


投稿日:2018/10/15
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング