【中国OP】山口茜、高橋&松友らが1回戦を突破!<初日>

9月18日に開幕したBWFワールドツアーの中国OP(常州・Super1000)。ワールドツアーの中でも格付けの高いSuper1000(全英OP、インドネシア、中国OP)の大会に、世界のトップランカーが集結。日本からも先週のジャパンOPで優勝を飾った桃田賢斗、福島由紀/廣田彩花らが参戦している。大会初日は、各種目1回戦の途中までが行なわれた。

中国OP2018

初日の女子シングルス1回戦を勝ち上がったのは、ジャパンOPベスト4に入った大堀彩と山口茜(写真)。大堀は日本で好成績を収めたよい流れをキープして、台湾選手に2−0で快勝。山口はゴー・ジンウェイ(マレーシア)とのファイナル勝負を21-15で制して2回戦に駒を進めた。女子ダブルスでは髙橋礼華/松友美佐紀、米元小春/田中志穂の2組がコートに立ち、ともにランキングで格下のペアを2−0で一蹴している。

園田啓悟/嘉村健士、遠藤大由/渡辺勇大、保木卓朗/小林優吾が出場した男子ダブルスは、3ペアともファイナルゲームにもつれた試合を制することができず、初戦敗退の結果に。混合ダブルスはジャパンOPベスト4の渡辺勇大/東野有紗が、インドネシアペアを2−1で抑えて2回戦へ。金子祐樹/松友美佐紀、保木卓朗/米元小春は、それぞれ世界ランク上位の強敵ペアに敗れている。なお、初日に開催された男子シングルス1回戦は、日本選手の試合はなく、大会2日目の1回戦から世界王者で、先週のジャパンOPで優勝を飾った桃田賢斗らが登場する。

中国OP2018
第3シードの園田啓悟(左)/嘉村健士はアジア大会銀メダルのインドネシアペアに敗れ初戦突破ならず

18日に行なわれた1回戦の結果、19日1回戦の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

▼1回戦(9月19日)

常山幹太 − ジョナタン・クリスティ(インドネシア)

西本拳太 − 坂井一将

桃田賢斗 − ブリース・レベルデス(フランス)

【女子シングルス】

大堀彩②〔21−11、21−18〕0●白馭珀(台湾)34分

佐藤冴香●0〔17−21、9−21〕②陳雨菲(中国)26分

川上紗恵奈●0〔15−21、13−21〕②プサルラ・V.シンドゥ(インド)26分

山口茜②〔23−21、12−21、21−15〕1●ゴー・ジンウェイ(マレーシア)49分

▼1回戦(9月19日)

奥原希望 − ミッシェル・リー(カナダ)

髙橋沙也加 − カースティ・ギルモア(スコットランド)

【男子ダブルス】

保木卓朗/小林優吾●1〔16−21、21−18、18−21〕②譚強/何濟庭(中国)40分

園田啓悟/嘉村健士●1〔22−20、15−21、15−21〕②アルディアント/アルフィアン(インドネシア)48分

遠藤大由/渡辺勇大●1〔18−21、21−17、11−21〕②アストルップ/ラスムセン(デンマーク)60分

中国OP2018
世界ランク14位の遠藤/渡辺(右)はデンマークペアと60分の試合を展開したが1−2で敗戦

▼1回戦(9月19日)

井上拓斗/金子祐樹 − カランダスワルディ/プラタマ(インドネシア)

【女子ダブルス】

米元小春/田中志穂②〔21−4、21−5〕0●A・リー/S・リー(アメリカ)16分

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−9、21−9〕0●ボロトワ/デフレトワ(ロシア)21分

▼1回戦(9月19日)

福島由紀/廣田彩花 − アワンダ/イストラニ(インドネシア)

松本麻佑/永原和可那 − 許雅晴/呉玓蓉(台湾)

福万尚子/與猶くるみ − 湯金華/于小含(中国)

【混合ダブルス】

金子祐樹/松友美佐紀●0〔7−21、16−21〕②アーマド/ナトシール(インドネシア)22分

保木卓朗/米元小春●0〔17−21、12−21〕②王懿律/黄東萍(中国)27分

渡辺勇大/東野有紗②〔22−20、16−21、21−16〕1●ファイザル/ウィジャヤ(インドネシア)52分

中国OP2018
地元の英雄・林丹はインドネシアのアンソニー・S・ギンティンにファイナル勝負の末に敗れた

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/09/18
■関連キーワード

      

人気記事ランキング