バトミントンTOP海外ニュースワールドツアー ≫ 【ジャパンOP】「リオ五輪の会場の雰囲気に似ていると感じた(髙橋礼)」<記者会見-1>

【ジャパンOP】「リオ五輪の会場の雰囲気に似ていると感じた(髙橋礼)」<記者会見-1>

BWFワールドツアー「ダイハツ・ヨネックスジャパンOP」(Super750)の開幕前日記者会見が、910日(月)に都内で行なわれた。会見には日本代表の桃田賢斗、高橋礼華、松友美佐紀の3選手が出席。海外選手はビクター・アクセルセン(デンマーク)、キャロリーナ・マリーン(スペイン)、ギデオン/スカムルヨ(インドネシア)ら世界のトップランカーが登場し、日本で開催される国際ビッグトーナメントへの意気込みを語った。ここでは日本選手のコメント紹介しよう。

ジャパンOP2018記者会見高橋礼華(日本ユニシス)

「今回は1回戦から厳しい戦いになりますが、一戦一戦、自分たちのプレーを出すことを目標に頑張ります。今日は会場が暗かったですが、体育館に入ったとき、リオ五輪の会場の雰囲気に似ていると感じました。2年後、この体育館で自分たちが試合をできたらいいなという気持ちです。

アジア大会の団体戦から個人戦まで、特別に勝ちを意識せずに一戦一戦、戦うことを心がけてプレーするできたので、結果よりも1回戦から自分たちのよい状態のプレーを出すことを心がけて臨みたいと思っています」

 ジャパンOP2018記者会見松友美佐紀(日本ユニシス)

「自分たちのプレーをたくさん出せるように2人で頑張りたいと思います。私も(高橋と同じく)会場に入ったときに、リオの体育館に形が少し似ているなという感想を持ちました。

今まで毎年行なわれていた(東京)体育館とは少し違う雰囲気もあると思うので、今は、とても楽しみです。自分たちよいプレー、よい形をたくさん出して、出し切ることが、一番(のテーマ)。そこをしっかりやりたいです」

ジャパンOP2018記者会見桃田賢斗(NTT東日本)

「日本で開催される大きな大会ですし、優勝したい大会なので、観客の皆さんの前で自分らしくいいプレーを出せるように、感謝の気持ちを忘れずに頑張りたいと思います。会場は、実際にシャトルを打ってみて、見やすくて、やり辛いと思うところはなかった。苦手意識もなく、伸び伸びとプレーできるかなと思います。

(ビクター・アクセルセン選手と男子シングルスをけん引して行く存在であることについて)彼は同世代ですし、世界ランク1位で、自分も尊敬する選手。個人的にもライバルと思っているので、刺激し合いながら高め合えればいいなと思います。大会では、自分の納得いくプレーができれば一番いいですけど、厳しい戦いになると思うので、1点ずつどん欲に、強い気持ちを持ってプレーしたいと思います」

ジャパンOP2018記者会見
日本から代表して松友(左)、桃田、髙橋礼の3選手が記者会見に出席した

取材・文/平野貴也

写真/菅原淳


投稿日:2018/09/10