【アジア大会】「周りの人に支えられて取れたメダルです(山口茜)」<帰国会見-1>

アジア大会帰国会見

8月29日(水)、インドネシア・ジャカルタで開催された「第18回アジア大会」バドミントン競技の個人戦で、メダルを獲得した選手らが帰国した。日本は女子団体で48年ぶりに金メダルを獲得。男子団体も銅メダルを手にしたほか、個人戦では女子ダブルスの髙橋礼華/松友美佐紀が2大会連続となる銀メダル、福島由紀/廣田彩花が銅メダル、男子シングルスの西本拳太が銅メダル、女子シングルスの山口茜が銅メダルの成績を残している。

ここでは、帰国後の囲み取材に応じた男女シングルス・メダリストの西本拳太、山口茜のコメントをお伝えしよう。

アジア大会帰国会見銅メダル:西本拳太(トナミ運輸)

「(個人銅メダルについて)まだ実感はないけれども、4年に一回のアジア大会でメダルを取るか取らないかでは違うと思う。そこは(メダルがとれて)よかったと思います。結果としては、(準決勝・ファイナルゲームで)19オールから2点取られた相手(ジョナタン・クリスティ/インドネシア)が優勝したので、自分にも優勝のチャンスがあったかなという気持ちもありますが、それ以上にまだ優勝までの実力がなかったというのも実感しています。

(いまの気持ちとしては)悔しい方が大きいです。銅メダルの実感がないというのは、まだ満足はしていないということですし、(準決勝の)あと2点というのがあって…。ただ、こういう試合を、力を出し切った戦いをこれからしていくことが東京五輪につながっていくと思うので、一つひとつの試合を大事にやっていきたいと思います」

 

アジア大会帰国会見銅メダル:山口茜(再春館製薬所)

「今回は団体戦を終えた後は“メダルを取る”という状況ではなかったので(団体戦は3連敗)、その中で個人戦の銅メダルまでこぎつけたのはよかったと思います。正直、団体戦で負けてしまった後は、個人戦で勝っても“何が残るんだろう”というのがあって難しかったけど、コーチや周りのみんなが『気にしなくていいよ』『切り替えて頑張れ』といってくれました。今回は自分の力というよりも、団体も個人戦も周りの人に支えられて取らせてもらったメダルという感じです。

(声かけについて)選手、団体のメンバーに声をかけてもらいましたし、山下(泰裕)団長が見に来てくださったときは、「超一流の選手は切り替えがうまいから、そこをめざして、しっかり切り替えて頑張れ」と話してくれました。(負けたことを)ずっと引きずることを求められているのではなく、次に切り替えて頑張ることを求められていると感じたので、個人戦は気持ちを切り替えて、一つひとつ頑張れたことがよかったです」

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/川口洋邦

 


投稿日:2018/08/30
■関連キーワード

                        

人気記事ランキング