【全中2018】猪苗代の武井、吉田&池田が頂点に!<男子個人戦>

8月21日に開催された第48回全国中学校大会(山口県・維新百年記念公園スポーツ文化センター)の個人戦最終日は、男女決勝戦までが行なわれた。ここでは男子シングルス・ダブルスの結果をお伝えしよう。

【男子シングルス】

男子シングルスは団体優勝を飾った猪苗代から武井凜生、齋藤駿、岩野滉也の3選手と、埼玉栄の野口翔平が準決勝に進出。猪苗代対決となった武井と齋藤の試合は、武井が2−0で勝利して2年連続となる決勝の切符をつかんだ。もう一方の山では、2年生の岩野が野口をファイナル勝負の末に下して準決勝を突破した。

同校決勝となった戦いは、第1ゲームで武井が21-18の接戦を制すると、第2ゲームは21-7で抑えきり2−0で勝利。武井が全試合ストレート勝利で中学チャンピオンに輝いた。

▼準々決勝

武井凜生(福島・猪苗代)②〔21−17、21−17〕0●森口航士朗(熊本・水俣第一中)

齋藤 駿(福島・猪苗代)②〔21−18、16−21、21−17〕1●井上翔太(埼玉・埼玉栄)

野口翔平(埼玉・埼玉栄)②〔21−14、21−16〕0●岡田啓太朗(香川・一宮)

岩野滉也(福島・猪苗代)②〔21−13、21−15〕0●丸山拓海(北海道・帯広第一)

▼準決勝

武井凜生②〔21−8、21−16〕0●齋藤駿

岩野滉也②〔22−20、20−22、21−19〕1●野口翔平

▼決勝

武井凜生②〔21−18、21−7〕0●岩野滉也

全国中学校2018
優勝した武井凜生

【男子ダブルス】

男子ダブルスも猪苗代の荻原聖也/小林倫太朗、吉田翼/池田真那斗の2組が準決勝まで勝ち上がると、荻原/小林は埼玉栄の宮下怜/井上誠也に2−0で勝利。吉田/池田は浪岡の後藤拓人/田中孝志朗と最終ゲームまでもつれた戦いを21−18で制し、決勝に勝ち進んだ。

同校決勝は吉田/池田が第1ゲーム17本で奪って勢いをつけると、第2ゲームも21-14に封じて優勝。3年生&2年生ペアが男子ダブルスの栄冠をつかんだ。

▼準々決勝

後藤拓人/田中孝志朗(青森・浪岡)②〔21−11、21−6〕0●呉子謙/山岡陸歩(埼玉・埼玉栄)

吉田 翼/池田真那斗(福島・猪苗代)②〔21−5、16−21、21−15〕1●河村 翔/湯浅友翔(大阪・南郷)

荻原聖也/小林倫太朗(福島・猪苗代)②〔21−12、21−19〕0●浮田貴宏/小川凌太(石川・美川中)

宮下怜/井上誠也(埼玉・埼玉栄)②〔21−16、21−16〕0●馬屋原光大郎/中嶋関太(鳥取・鳥取東中)

▼準決勝

吉田 翼/池田真那斗②〔12−21、21−19、21−18〕1●後藤拓人/田中孝志朗

荻原聖也/小林倫太朗②〔21−14、21−16〕0●宮下 怜/井上誠也

▼決勝

吉田 翼/池田真那斗②〔21−17、21−14〕0●荻原聖也/小林倫太朗

全国中学校2018
男子ダブルスで頂点に立った吉田翼(左)/池田真那斗
全国中学校2018
男女団体、個人男女単複のすべてを制した猪苗代。監督の斎藤亘監督は胴上げで宙を舞った

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/江見洋子


投稿日:2018/08/22
■関連キーワード

         

人気記事ランキング