【アジア大会】開催国のインドネシアが男女揃ってメダルを確定!<海外ダイジェスト>

4年に一度開催される「第18回アジア大会」は、20日に大会2日目が行なわれ、男女団体戦の準々決勝が実施された。

男子は開催国のインドネシアがインドを3−1で下して準決勝に進出したほか、台湾、中国もそれぞれ3−0で快勝。準決勝にコマを進めた。韓国と対戦した日本は桃田賢斗、園田啓悟/嘉村健士、西本拳太が白星をしっかりつかみ、1970年以来48年ぶりの団体でのメダルを確定させている。

アジア大会
インドネシアのエースダブルスであるギデオン/スカムルヨはファイナル勝負の末に白星をつかんだ

女子は日本と中国が3−0で勝利をつかみ準決勝に勝ち進んだほか、地元のインドネシアは韓国を相手に第1シングルスのグレゴリア・マリスカ・トゥンジュン、第1ダブルスのポリイ/ラハユが白星を手にして3−1で勝利。男女揃ってメダル獲得を決めている。

団体戦・準々決勝の結果は以下の通り。

▼準々決勝

インドネシア 3−1 インド

日 本 3−0 韓 国

台 湾 3−0 ネパール

中 国 3−0 香 港

▼準決勝

日 本 − インドネシア

中 国 − 台 湾

女子

▼準々決勝

インドネシア 3−1 韓 国

日 本 3−1 インド

中 国 3−0 モルディブ

タ イ 3−0 台 湾

▼準決勝

日 本 − インドネシア

中 国 − タイ

アジア大会
ジャワサイをモチーフにした大会マスコット“カカ”と記念撮影をするインドネシアのファン
アジア大会
母国の応援に来たインドネシアファン
アジア大会
写真撮影に応じる日本男子チームのメンバー

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/08/21
■関連キーワード

   

人気記事ランキング