【全中2018】猪苗代がライバルを退けて2連覇達成!<男子団体>

8月18日に開幕した第48回全国中学校大会(山口県・維新百年記念公園スポーツ文化センター)は、19日に団体戦の決勝戦までが行なわれた。

男子団体は猪苗代(福島)、聖ウルスラ学院英智(宮城)、浪岡(青森)、埼玉栄(埼玉)の4校が準決勝に進出した。猪苗代と聖ウルスラの東北対決は、猪苗代が2−0で勝利を収めて決勝に進出。もう一つの準決勝では、埼玉栄が浪岡からダブルス2つを奪って2−1で勝利を飾り、決勝は昨年に引き続き猪苗代と埼玉栄の対戦が決まった。

その決勝戦は、猪苗代のシングルス・武井凜生、第2ダブルスの吉田翼/池田真那斗がそれぞれ白星をつかみ、埼玉栄に2−0で勝利(第1ダブルスは打切り)。猪苗代が2年連続で全中団体制覇を成し遂げた。

全中2018
優勝を果たした猪苗代のメンバー

準々決勝以降の結果は以下の通り。

▼準々決勝

猪苗代(福島) 2−0 名古屋経済大市邨(愛知)

聖ウルスラ学院英智(宮城) 2−1 西山(熊本)

浪岡(青森) 2−0 帯広第一(北海道)

埼玉栄(埼玉) 2−0 福井工大福井(福井)

▼準決勝

猪苗代 2−0 聖ウルスラ学院英智

埼玉栄 2−1 浪岡

▼決勝

猪苗代 2−0 埼玉栄

MD1荻原聖也/小林倫太朗〔21−16、20−11、打切り〕0●野口翔平/山岡陸歩

MS 武井凜生②〔21−10、21−10〕0●呉子謙

MD2吉田翼/池田真那斗②〔23−21、21−17〕0●宮下怜/井上誠也

全中2018
試合前に円陣を組んだ臨んだ埼玉栄

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/江見洋子


投稿日:2018/08/20
■関連キーワード

      

人気記事ランキング