バトミントンTOP国内ニュース高校 ≫ 【静岡IH2018】緑川が3冠達成! 奈良岡は途中棄権で準優勝<男子シングルス>

【静岡IH2018】緑川が3冠達成! 奈良岡は途中棄権で準優勝<男子シングルス>

『静岡インターハイ』(8月5日~9日/静岡県・浜松アリーナ、浜北総合体育館)の競技5日目、9日(木)は、浜松アリーナで男女個人戦シングルス・ダブルスの準決勝と決勝が行なわれた。ここでは、男子シングルスのダイジェストをお伝えしよう。

5日間で単複合計16試合を戦い抜き、見事3冠を果たした緑川大輝(埼玉栄)
5日間で単複合計16試合を戦い抜き、見事3冠を達成した緑川大輝(埼玉栄)

【ダイジェスト】

シングルス準決勝では、ダブルスの雪辱を果たすように、奈良岡功大(浪岡)がファイナルゲーム14本で中山裕貴(埼玉栄)から逃げ切った。これにより、単複決勝での埼玉栄対決という快挙は実現しなかったが、まだ緑川大輝(埼玉栄)の三冠の夢が残っていた。そんななか、準決勝は服部輝正(福井工大附福井)に9本、13本で快勝。決勝は奈良岡と緑川の上位2シード対決となった。

準決勝は苦戦しながらも決勝進出を果たした奈良岡功大(浪岡)
準決勝は苦戦しながらも2-1で勝利し、決勝進出を果たした奈良岡功大(浪岡)

第1ゲームは接戦の末、奈良岡のゲームポイントもしのいで緑川が23-21で先取。第2ゲームは奈良岡が14本で奪い返したが、1ゲーム目を落とした影響は大きかった。実は大会直前に左足首をケガしたという奈良岡。患部をかばうため、ふくらはぎや太モモにも支障が出て、ファイナルゲームは中盤から動きが急速に衰えた。痛みに顔を歪め、まったくポイントを奪えない。7-18まで戦いながら途中棄権を決断せざるをえなかった。
21点目のゴールテープは切れなかったが、緑川の勝利の価値が損なわれるはずはない。男子では、同じ埼玉栄の先輩、星野翔平以来で9年ぶりの三冠達成だった。

【優勝コメント】

静岡IH2018優勝☆緑川大輝(埼玉栄)

「最後のインターハイ、失うものはないという思いで、とにかく最初から全力でプレーすることだけ考えていました。最後まで試合をやって勝ちたかったのが本音ですけど、先輩方のあとを継ぐ三冠ができて、よかったです」

【男子シングルス結果(9日)】

🔻準決勝
奈良岡功大(浪岡)②〔21-9、19-21、21-14〕1●中山裕貴(埼玉栄)
緑川大輝(埼玉栄)②〔21-9、21—13〕0●服部輝正(福井工大附福井)
🔻決勝
緑川大輝 〔23-21、14-21、18-7棄権〕 奈良岡功大
03

★男子シングルスの全試合結果(トーナメント)はこちら

★静岡インターハイの熱戦の模様は、8月22日(水)発売の『バドミントン・マガジン』9月号でも紹介します。

取材・文/山口奈緒美
写真/江見洋子


投稿日:2018/08/10
■関連キーワード