バトミントンTOP海外ニュース主要国際大会 ≫ 【世界選手権2018】松本&永原が金メダル!福島&廣田は2年連続の銀!<決勝戦>

【世界選手権2018】松本&永原が金メダル!福島&廣田は2年連続の銀!<決勝戦>

8月5日に開催された世界一を決める最高峰の舞台『24回世界選手権』(中国・南京)最終日は、各種目決勝戦が行なわれた。ここでは女子ダブルスの結果をお伝えしよう。

世界選手権2018
3回戦で髙橋/松友を下すなど快進撃を続けた松本麻佑(左)/永原和可那

日本史上初めてとなる世界選手権での同国決勝。その舞台に立ったのは、昨年の女子ダブルス銀メダリスト・福島由紀/廣田彩花と、今回初出場ながら強敵を連破して勝ち上がった松本麻佑/永原和可那。栄誉ある大会に、日の丸を背負った4人がコートに立った。

第1ゲームから点の奪い合いになった。序盤こそ初の大舞台で緊張したのか、松本がイージーミスで失点。「相手が何をしたわけではなく、単純に自分からのミスでした」(松本)。すぐに立て直して福島/廣田のアタックに応戦したが、決勝戦が生み出す独特の空気感を知る福島/廣田が、16−15から20−17と先に抜け出し、最後は福島がサービスプッシュで仕留めて21−19で先制する。

世界選手権2018
2年連続決勝に勝ち上がった福島由紀(右)/廣田彩花

第2ゲーム、松本/永原がペースを握って試合を進めた。福島/廣田のスマッシュをねばり強く返しながら自分たちの攻撃につなげる。福島が「相手の勝ちたい気持ちに少し引いてしまった」と振り返るように、松本/永原が力強く押し切って21-19。1−1のイーブンに戻した。

最終ゲームも互いに我慢の勝負となった。福島/廣田がレシーブからチャンスを作って9−4とリードしたが、松本/永原もスマッシュ、ドライブで攻勢をかける。逃げ切りをねらう福島/廣田は18-13と優勝まであと一歩に迫ったが「疲れてしまって集中力が切れてしまった部分もあった」(福島)。この好機をポイントにつなげた松本/永原は、じわじわと点差を縮める。先に福島/廣田が20-18でチャンピオンシップポイントをつかんだが、ここでも引かない松本/永原。相手のミスを誘い20オール。さらに永原のスマッシュで21-20と逆転に成功した。「全部を出し切ることだけを考えて」(永原)と攻めた結果、窮地から一転、優勝に逆王手。そして、歓喜の瞬間が訪れる。再逆転をねらった福島の渾身のスマッシュがサイドアウト。近くで見届けた松本が両手を高く突き上げたとき、松本/永原の世界一が決まった。

今年からA代表に入った2人は、3月の全英OPでベスト4、7月のインドネシアOPでも準優勝を果たすなど、ハイレベルなSuper1000で好結果を残した。世界選手権初出場とはいえ、この半年で着実に世界と戦う地力を蓄えている。さらに、大会を通しても大きく成長。緒戦で中国ペア、3回戦で髙橋礼華/松友美佐紀、準決勝ではポリイ/ラハユ(インドネシア)など、世界トップクラスを次々と破り、確かな手応えと自信も手にしていった。

日本の女子ダブルス優勝は、1977年の第1回大会を制した栂野尾悦子/植野恵美子以来、41年ぶり。一週間前まで日本の四番手だった松本/永原は、あっという間に世界女王へと生まれ変わった。

▼決勝

松本麻佑/永原和可那②〔21−19、19−21、22−20〕1●福島由紀/廣田彩花94分

世界選手権2018

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/北川外志廣


投稿日:2018/08/07
■関連キーワード

                        



閉じる