【若葉カップ】激闘を制したDream.Jrが3年ぶりの日本一!<男子>

7月27日から30日まで、第34回若葉カップ(京都・長岡京市)が開催された。小学生のクラブチームによる団体戦は、2ダブルス3シングルスの結果で勝敗を決める。試合は6年生シングルス→4年生シングルス→5年生ダブルス→6年生ダブルス→5年生シングルスの順に行なわれ、男女各48チームが参加する予選リーグを勝ち抜いた16チームが決勝トーナメントに進出して優勝を争う。

男子の部を制したのは、2015年大会の覇者・Dream.Jr(福井)。決勝では、前回王者の岡垣ジュニア(福岡)を3-1で破り、3年ぶり2度目の栄光に輝いた。

3年ぶり2度目の優勝を飾ったDream.Jr(福井)
3年ぶり2度目の優勝を飾ったDream.Jr(福井)
岡垣ジュニア(福岡)はあと一歩連覇に届かなかったが、最後までねばり強く戦い抜いた
岡垣ジュニア(福岡)はあと一歩連覇に届かなかったが、最後までねばり強く戦い抜いた

男子決勝トーナメントの結果は以下の通り。

【決勝トーナメント結果】

🔻1回戦
岡垣ジュニア(福岡) 3-0 勝山チャマッシュJr.(福井)
鶴ヶ島ジュニア(埼玉) 3-2 豊栄ジュニア(新潟)
長岡京市スポ少(京都) 3-0 小平ジュニア(東京)
綾瀬ジュニア(神奈川) 3-2 はりーあっぷ(愛知)
宝木塚Jr(東京) 3-1 久喜ABC(埼玉)
Dream.Jr(福井) 3-0 藤田研究所(宮崎)
仰木の里ジュニア(滋賀) 3-0 大里東(愛知)
広島安佐(広島) 3-2 ウイニングロード(新潟)

🔻準々決勝
岡垣ジュニア 3-0 鶴ヶ島ジュニア
長岡京市スポ少 3-1 綾瀬ジュニア
Dream.Jr 3-1 宝木塚Jr
仰木の里ジュニア 3-1 広島安佐

🔻準決勝
岡垣ジュニア 3-2 長岡京市スポ少
Dream.Jr  3-1 仰木の里ジュニア

🔻決勝
Dream.Jr 3-1 岡垣ジュニア
松田侑真●0〔7-21、3-21〕②齋藤 礼
田中太基②〔21-16、23-21〕0●春木晄太郎
中谷勇仁/長谷川柊弥②〔15-21、22-20、21-19〕1●川野寿真/中村励心
南 智郎/佐藤海翔②〔21-17、17-21、21-11〕1●久野 雅/光富琉華
工谷奏匠1〔22-20、14-21、打切り〕1松尾尚樹

3位:仰木の里ジュニア(滋賀)
3位:仰木の里ジュニア(滋賀)
3位:長岡京市スポ少(京都)
3位:長岡京市スポ少(京都)

★若葉カップの熱戦の模様は、8月22日(水)発売の「バドミントン・マガジン」9月号でも紹介します。

文/バドミントン・マガジン編集部
写真/江見洋子


投稿日:2018/07/31
■関連キーワード

         

人気記事ランキング

閉じる