バトミントンTOP海外ニュースワールドツアー ≫ 【世界ランキング】インドネシアOP優勝の桃田賢斗が6位に浮上!<男女シングルス>

【世界ランキング】インドネシアOP優勝の桃田賢斗が6位に浮上!<男女シングルス>

7月12日、BWF(世界バドミントン連盟)が発表する世界ランキングが更新された。世界ランキングポイントの高ポイントが獲得できるSuper1000・インドネシアOPを終えて、各種目に順位の変動があった。ここでは男女シングルスを紹介しよう。

 【男子シングルス】

インドネシアOP準優勝のビクター・アクセルセン(デンマーク)が首位をキープ。マレーシアOP優勝、インドネシアOPベスト4と好調のリー・チョンウェイ(マレーシア)が、2ランクアップの2位に浮上した。石宇奇(シー・ユーチー/中国)は3位を守り、安定感のある孫完虎(ソン・ワンホ/韓国)は2位から4位に後退している。

日本勢トップの桃田賢斗は、インドネシアOP優勝の12000ポイントを加え、2ランクアップの6位にあがった。3位の石宇奇とは10000ポイント以上の差をつけられているが、7月末には高ポイントが望める世界選手権が始まるだけに、そこで結果を残してさらなるジャンプアップに期待したい。

日本勢2番手の西本拳太は、一つ順位を落として14位。坂井一将は一つ順位を上げて23位となった。マレーシアOP、インドネシアOPで結果を残した常山幹太は、9ランクアップの33位と大きく順位を上げている。

世界ランキング
高ポイントを積み重ねて上位に浮上する桃田賢斗

 男子シングルスの順位はこちら

【女子シングルス】

男子シングルスの順位変動が目立つなかで、女子シングルスの上位陣は変わらず。1位を独走している戴資穎(タイ・ツーイン/台湾)を、2位の山口茜、3位のプサルラ・V.シンドゥ(インド)が追っている。元世界女王で、最近は大きな結果が出せていないキャロリーナ・マリーン(スペイン)は、一つランクを落として7位としている。

日本勢2番手の奥原希望は、大会のシード権が与えられる8位をしっかりキープ。3番手以降もインドネシアOPのポイントを加え、大堀彩が3ランクアップの14位、佐藤冴香が5ランクアップの15位、川上紗恵奈が17ランクアップの45位と、それぞれ順位を上げた。

インドネシアOP2018
ハイレベルな大会でも大崩れしないのが山口茜の強み。ポイントを上積みして2位をキープ

女子シングルスの順位はこちら

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/07/13