【Super300】大堀彩、福万&與猶がベスト4!<USOP>

6月12日から17日までワールドツアーSuper300のUSOPが開催された。日本からは女子シングルスで日本A代表の佐藤冴香、大堀彩、女子ダブルスB代表の福万尚子/與猶くるみが出場。大堀彩は接戦を切り抜けながら準決勝に進出。その準決勝では地元アメリカのベイウェン・ツァンとファイナル勝負となったが、最後は13-21で敗戦。惜しくもベスト4に終わった。

佐藤冴香は、2回戦でケガから復帰を果たした2012年ロンドン五輪女子シングルス金メダリストの李雪芮(リ・シュェルイ/中国)と対戦。第1ゲームは20-22、第2ゲームは9-21で抑えられ、上位進出はならなかった。女子ダブルスは、準々決勝で中国の若手ペアを下した福万尚子/與猶くるみ。準決勝では韓国ペアに0−2で敗れたもののベスト4の成績を残している。

日本選手の結果は以下の通り。

【女子シングルス】

大堀 彩…ベスト4!

佐藤冴香…2回戦進出

【女子ダブルス】

福万尚子/與猶くるみ…ベスト4

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/06/18
■関連キーワード

               

人気記事ランキング

閉じる