【ユーバー杯】「冷静にプレーできたのがよかった(奥原)」<選手コメント>

5月20日に開催された「トマス杯・ユーバー杯2018」初日は、男女予選リーグが行なわれた。ここでは、オーストラリアと対戦した日本女子の、試合後のコメントを紹介しよう。

ユーバー杯初日第1シングルス

山口茜(2−0で勝利)

「練習のときから100%(の状態)に戻りきれていない感覚があった。いまできることをしっかりやろうという気持ちでコートに入ったけど、どうしてもミスが多かったり、自分のリズムでラリーで進められなかった。少し厳しい試合だったなと思います」

ユーバー杯初日

第1ダブルス

福島由紀(右)/廣田彩花

(2−0で勝利)

福島「練習のときから体をしっかり作ってきたので、コンディションはいいです。(初のユ杯で)緊張した部分もあったり、風の影響もあったりで、2ゲーム目は少し手こずってしまいました。でも、自分たちのプレーをすればチームに貢献できると思っていたので、しっかり勝ててよかったと思います」

廣田「(リーグの)初戦なので少し緊張もあったけど、自分たちのプレーをしようと思って入りました。(試合中は)チームのみんなの応援が聞こえてきたので、それで安心することできたし、(応援に対して)プレーでしっかり返そうと思えたので、それが出せたかなと思います。(会場の環境について)練習のときからすごく風があって、すごく打ちにくい印象を受けました」

ユーバー杯初日 第2シングルス

奥原希望(2−0で勝利)

「落ち着いてプレーができたと思います。初戦というのはその大会の流れを作る重要な試合なので、“団体戦だから”という気持ちはひとまず置いて、まずは会場や相手がどんな感じかを確かめながら、冷静にプレーできたのがよかったかなと思います。前回(16年:銅メダル)は悔しい気持ちで終わりました。今回は第2シングルスで流れをどう持っていくかが大事になると思います。勝利を決めるのか、王手にするのか、それともピンチを救うのか、いろんな場面でくることを想定していきたいです。そして、どんな状況でまわってきてもやることは一緒なので、自分らしいプレーができたらいいなと思います」

ユーバー杯初日 第2ダブルス

髙橋礼華(左)/松友美佐紀

(2−0で勝利)

髙橋礼「(山口)茜ちゃんの試合を見て風が試合を左右するかなと思ったけど、実際は思ったよりやりにくさはなかったです。今日は相手も相手だったので、テイさん(中島慶コーチ)から『ミスしてもいいからコートの感覚をつかんでくること』といわれました。それで自分たちのプレーを思い切ってできたかなと思います」

松友「どの大会でも初戦は緊張しますし、大事になってくると思います。そういう意味でも、今日の試合は(勝って)いいスタートをきることができたと思います。会場は上下ジャージを着ても寒いので、試合前の入り方や準備の部分を、いつも以上にしっかりしないといけないかなと思います」

ユーバー杯初日第3シングルス

佐藤冴香(2−0で勝利)

「(大会前の)合宿では、男子にスパーリングをしてもらいながらしっかり調整ができました。今日は風の感触もつかめましたし、いい状態で試合ができたと思います。今回は風の影響があり、隣のコートでやっていた戴資穎選手(タイ・ツーイン/台湾)もてこずっていました。自分もそういう場面がくるかもしれないと思いながら、一本一本、無駄なくミスをしないでやりたいと思っています」

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/05/20

人気記事ランキング

閉じる